「炙り出される人間の真実」母なる証明 syu-32さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「母なる証明」 > レビュー > syu-32さんのレビュー
メニュー

母なる証明

劇場公開日 2009年10月31日
全41件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

炙り出される人間の真実

殺人の罪に問われた息子を救うため、母親が真犯人を探すために奔走する、というのが大まかな筋です。
その過程がスリリングでミステリの醍醐味が味わえます。ミスリードを多用して、二転三転する展開とラストの驚愕の真実までノンストップで突き進んでいきます。
母親を突き動かすものは、大切な息子に対する愛情と母性です。その強さと計り知れなさに、母はやはり偉大だと思わされます。
それが最終的には息子を守ることになるのですが、その方法を罪だと果たして言えるかどうか、その問い掛けをして映画は終わります。
人間の強い想いは、真実さえも凌駕してしまう。ポン・ジュノ作品らしい、人間本来の泥臭さとエグさが濃厚で、観る者を圧倒する極上のサスペンスだと思いました。

syu-32
さん / 2018年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi