ゼロの焦点 : 映画評論・批評

メニュー

ゼロの焦点

劇場公開日 2009年11月14日
2009年11月17日更新 2009年11月14日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

過去の鎖を断ち切りたい女性の悲痛な叫び

「ゼロの焦点」は映画化が難しい小説だ。ミステリーではあるが、事件を解決するいわゆる探偵役がいないのだ。いくつかの伏線を手がかりに読者が謎を解くという構造にもなっていない。物語の担い手は夫の行方を捜す禎子だが、彼女は入手した情報をひたすら自分の中に溜めこんで、ああではないかこうではないかと想像するだけ。事件が終わった後も、犯行の具体的な手口が禎子の想像通りだったのか、裏付けもない。そんな彼女の心の声を映像にしていかなければならないのだ。

だから犬童監督が、ミステリーよりも、3人の女性ドラマを前面に押し出したのは、この小説の映画化方法としては正解かもしれない。3人はそれぞれに不幸で悲しく、戦争によって日本の女性たちが背負わされた苦しみを象徴している。昭和32年はまだ、過去の鎖に縛られて女性が自由になりきれない時代だった。その鎖を断ち切りたいという悲痛な叫びをドラマの芯にすることで、現代にまで連なってくる女の闘いを思い起こさせてくれる。それこそ、社会派の清張が書きたかったテーマではないかと思う。

ただし、2時間ドラマの最後の30分よろしく、禎子の想像で延々謎解きするのは芸が無さ過ぎ。広末涼子は禎子の複雑な感情を表現するには力量が足りず、中谷美紀はオーバー・アクション。木村多江だけが役柄通りの哀れさで泣かせてくれる。

(森山京子)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ゼロの焦点[DVD] ゼロの焦点[DVD] あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション ゼロの焦点[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロの焦点[DVD]
ゼロの焦点[DVD] ゼロの焦点[DVD] あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション ゼロの焦点[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロの焦点[DVD]
発売日:2005年11月26日 最安価格: ¥3,693 発売日:2010年6月18日 最安価格: ¥4,020 発売日:2015年7月3日 最安価格: ¥1,532 発売日:2013年1月30日 最安価格: ¥1,512
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全40件)
  • 室田夫妻 ネタバレ! ...続きを読む

    はだしのゲソ はだしのゲソさん  2019年3月7日 10:58  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 見入ってしまう さらっと観ようと思ったら引き込まれて真剣に観ていた。CGチープだなーと思ったがわざとなんですね。なるほど。 あまり関係ないのに殺されてしまう野間口さんの亡くなり方がなかなか悲惨…。 ...続きを読む

    さな さなさん  2019年3月1日 22:11  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 売春婦多い時代には理解不能だよ。 中谷美紀が悪い奴やとゆうのはわかる。売春は今でも罪だし、みんな隠すし。 清張の時代だと売春女が多いから少ないへの過渡期で、そうゆう思いの展開なのはわかる。 しかし、今は、その反対で少ないから多い... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2018年12月18日 23:47  評価:1.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報