のだめカンタービレ 最終楽章 後編 インタビュー: 瑛太が語る「のだめ」ファミリーのこれから…そして峰龍太郎の夢

ホーム > 作品情報 > 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 > インタビュー > 瑛太が語る「のだめ」ファミリーのこれから…そして峰龍太郎の夢
メニュー

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

劇場公開日 2010年4月17日
2010年4月9日更新
画像1

瑛太が語る「のだめ」ファミリーのこれから…そして峰龍太郎の夢

2006年にテレビドラマからスタートした「のだめカンタービレ」が、いよいよ完結編となる「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の封切りをもってフィナーレを迎える。主演の上野樹里、玉木宏らとともに、4年にわたり峰龍太郎という情熱的なバイオリン奏者を演じきった瑛太が、“のだめ”ファミリーを、そしてシリーズ全編を振り返った。(取材・文:編集部、写真:堀弥生)

瑛太扮する峰は、ドラマ版の舞台となった桃ヶ丘音大の裏にある中華料理店「裏軒」のひとり息子。大学卒業後の世界を描く劇場版では、「裏軒」を手伝いながら音楽活動を続けている。後編では伊武雅刀が演じた父・龍見の粋な計らいで、コンクールに出場する恋人・清良(水川あさみ)の応援と再会を果たすべく仏パリへ発つ。

瑛太は、そんな峰を「本当はもっと上を目指したかったのかもしれないし、海外へ行って評価されたかったのかもしれない。でも、自分のオリジナリティのなかで音楽を続けていったというのが峰のすごいところ。僕には峰のように物事を器用に進めていける人間性はないし、清良に対して『頑張れよ!』って大きな声で言えないと思います」と自らと対比しながら評する。

ドラマ版「のだめ」が放送された06年、瑛太は立て続けに3本のドラマに出演した。「アンフェア」「サプリ」、そして「のだめカンタービレ」。当時のことを「あそこまでテンションを上げて漫画のように崩していく役を演じたことはなかったので、自分の殻を破るいい時期だったんでしょうね。同年代の魅力的な俳優とタッグを組めたことは僕にとってすごく大きかったですし」と振り返った。

瑛太という、現在の日本映画界を牽引(けんいん)する独特の空気感を放つ若手俳優が息吹を注ぎ込んだ峰龍太郎は、4年間というときを経て一人歩きを始めた。「清良をはじめ、のだめや千秋、仲間に出会ったことによって自分も上を目指さなきゃいけないなという気持ちになったんじゃないでしょうか。そして、行く行くは清良をお嫁さんにして、裏軒を経営しながらバイオリンを弾きたいって思いもあるでしょうし。峰は口には出さないけれど、みんなが日本に戻ってきて一緒に演奏したいな……という思いも抱いているんではないかと感じましたね」

前作「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」では電話での会話だけだった清良との遠距離恋愛にも“明るい未来”を予感させる展開が用意されている。その足がかりともいえるお手製の旅のしおりや「東洋の真っ赤なルビー」と書かれた横断幕が、どこまでも一途な思いを饒舌(じょうぜつ)に代弁している。

峰のことを「強がりでかわいくない部分のある清良を素直にさせてくれる大切な存在」と話した水川。一方の瑛太は、“最愛のパートナー”であり“戦友”を「志を持ってまっすぐに向かっていく天才肌。そういう人は弱音を吐いたりしないし、人に見せない努力をしているからこそ評価も受けるんでしょうね。ちゃんと孤独と向き合って、バイオリン一筋で生きている姿は素敵ですよ」と笑みを浮かべながら称えた。

「のだめ」は瑛太の私生活にも大きな変化をもたらした。オフの日や車で移動する際に、クラシックを聴くようになったという。これまでのレパートリーには入っていなかったそうで「少し気持ちを休ませたいなと思うときにベートーベンの『ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調op.24春』を聴くと穏やかな気持ちになれるんですよ」とすっかりクラシック通だ。

そして、劇中に演奏したなかで最も気に入った楽曲は、オープニング曲にもなっているベートーベンの「交響曲第7番イ長調作品92」だと即答。「(ドラマ版の)最後にみんなでサントリーホールで演奏したんです。第4楽章の最後は自然と鳥肌が立っていたし、『終わっちゃうんだな』という寂しさもあった。玉木くんの指揮の迫力もすごかったですし、本当に感動しました。クラシックを好きになれたことは大きいですね」

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全40件)
  • 壮大なドラマ パワーアップしたのだめ。 内容は良くも悪くものだめ。 音楽は素晴らしいし、これまでのことを思い出して、胸がいっぱいになった。 景色は良いし、定期的にこの2人は見ていたい。 終わってしまうのか…と... ...続きを読む

    bru bruさん  2018年1月16日 06:52  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 目標の 夢の千秋とのコンチェルトも実現でき めでたしめでたし 同県 出身としても 嬉しいよノダメ😂 ...続きを読む

    江戸川 散歩 江戸川 散歩さん  2017年11月25日 22:34  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ヒロインがふてくされただけの内容!! 前編と続けて観ました。欧州ロケの雰囲気が良いという感想は前編と変わりません。前編は駄目オーケストラを立て直すというストーリーが一応ありましたが、後編は恋愛のすれ違いが最後までグダグダと続き、単な... ...続きを読む

    アンジェロ アンジェロさん  2017年3月18日 16:45  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー キングダム “ハマり役”を超えた“役への没入” 山崎賢人&吉沢亮&大沢たかお「キングダム」で見た天下統一の夢
  • インタビュー 多十郎殉愛記 高良健吾、30代最初の主演作で体得した収穫と課題 “活動屋”の魂を追い求めて…
  • インタビュー 九月の恋と出会うまで 運命は変えられるのか? 高橋一生&川口春奈が初共演「九月の恋と出会うまで」で問う
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報