「金融資本主義は悲しい」ハゲタカ osanさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ハゲタカ」 > レビュー > osanさんのレビュー
メニュー

ハゲタカ

劇場公開日 2009年6月6日
全23件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

金融資本主義は悲しい

綾野剛でハゲタカをまたやるという。そういえばこれ観たなと思いだしたので、忘れないうちにレビューしよう、と。

60年代以降の日本の映画で時代性や社会性をしっかり出しつつエンタメや笑いも出そうとすれば、企業社会を扱うというのは、これは当然の成り行きなんだと思う。ジャパニーズカルチャーがもて囃される時代だが、ジャパニーズカルチャーの典型が日本経済・日本企業社会であるのだから。

これが続くNHKドラマ版を含めて、傑作だと思う。残酷さと悲しみが混在している。そして日本社会の強さと弱さも露呈される。

osan
さん / 2018年5月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi