「残念」今度は愛妻家 魔法猫さんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「今度は愛妻家」 > レビュー > 魔法猫さんのレビュー
メニュー

今度は愛妻家

劇場公開日 2010年1月16日
全42件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

残念 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

雰囲気も俳優さんの演技もキャスティングも凄くいい映画なのに、シーンの無駄が多過ぎる。もっといい作品になる要素満載なのにほんと残念。
そもそもこのテーマで2時間越えにする必要性が全く見えない。冗長。もっと絞って凝縮した濃いものが観たかった。
また舞台用の戯曲であることが観てすぐ感じられるカメラアングルとテンポに映画ならではのよさがなくガッカリ。
一番は妻の死フラグが開始20分ですぐにわかってしまって、そこからの1時間50分は意外性ゼロの展開で、本来は号泣できる映画だったと思うのに、一滴も泣けず。好きな俳優、女優さんばかり出ていて、演技も悪くないのに、ほんと残念感が否めません。

魔法猫
さん / 2019年2月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報