余命1ヶ月の花嫁

劇場公開日:

解説

2007年、がんのため24歳6カ月で生涯を閉じた女性の最後の1カ月間をカメラに収めて話題となったTBS系ドキュメンタリー番組「余命1ヶ月の花嫁/乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ」を映画化。主演は榮倉奈々と瑛太。監督は「ヴァイブレータ」の廣木隆一。乳がんに冒され、余命1カ月を宣告された千恵の夢は「ウェディングドレスを着ること」。その夢を叶えようと、友人たちは彼女の恋人・太郎とともに結婚式の準備を進める。

2009年製作/129分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2009「余命1ヶ月の花嫁」フィルムパートナーズ

映画レビュー

4.5優しさとは…

2021年8月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

『…だって、将来、本当の太郎ちゃんのお嫁さんになる人に悪いもの。。。』榮倉奈々、健気さ熱演でした。
自分だったら、ここまで優しくなれるか考えました。
感動のノンフィクションです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
tuna

3.0う~ん

2021年8月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

先にドキュメントを観ていて衝撃を受けていたところに映画化のニュース。ご本人は希望したのだろうか?乳がんの早期発見•治療を広める為ドキュメントに出た方だから‥‥?
ドキュメントを観ていても疑問に感じるところもあり、作品を観ずにいました。
作品を観て二人が暮らすに至った経緯や別れるというくだり、あまりわかりませんでした。
榮倉奈々さん元気すぎたのも話に入り込めなかった要素でしょうか。朗らかと元気はまた違うかなと思います。
ご本人もふっくらした可愛いお顔立ちでしたが、ドキュメントの方は終始悲壮感が漂っていて
観る者にこんな事してていいの?命縮めるよ。
と、思わせたのに作品はサラーっと進んだ印象。瑛太さんは頑張っていたけど本物の恋人はどうなんだろう、と思っていました。
冒頭からの榮倉奈々さんの髪の毛が気になって。見るからにカツラとわかるのでこの時発病して進んでいるかと思ってたら違い、ただロングヘアの為でしたが、もう少しマシなカツラを用意できなかったのかと思いました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
りか

1.0実話の女性と遺族に謝れ‼️口直しに八年越しの花嫁をどうぞ‼️❓

2021年6月14日
PCから投稿

良い素材なのに、これだけの手抜き工事の様な作品は珍しい。
脚本、演出、演技が全て最低、最悪。
特に、瑛太と榮倉奈々、演技以前。
八年越しの花嫁の佐藤健と土屋太鳳は鬼気迫るものがあるぞ、みるみる痩せてくるし。
対して、榮倉奈々、癌進行して死にかけで肥満してブクブクやん、これで泣けるか、笑わせるな。
展開とセリフがリアリティゼロ、実話の彼女も浮かばれません、とても悲しくて、悔しいです。
私の余命も一月縮みました?‼️

コメントする 1件)
共感した! 3件)
アサシン5

2.5何度もドキュメントや文庫本でみての映画です やっぱり感動はドキュメ...

2020年12月14日
Androidアプリから投稿

何度もドキュメントや文庫本でみての映画です
やっぱり感動はドキュメントの方がしますね
映画で泣く事は…ありませんでしたが、キャストは違和感なく私はみる事ができました
多分…容姿が似ていた(私はにているとおもいました)のが良かったのかな
まだ24歳…早いですね
やりたい事たくさんあったと思います
周りへの感謝を忘れない心が立派です

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ぷうちゃん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る