GATE A TRUE STORYのレビュー・感想・評価

メニュー

GATE A TRUE STORY

劇場公開日 2008年7月19日
1件を表示 映画レビューを書く

《抗議》では開かないが、《祈り》なら応えてくれる。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

広島・長崎に投下された原子爆弾の火が故郷へと帰る。

ドキュメンタリー映画としては冒頭から2台のカメラを切り返したり、ゆったりと移動したりと、若干の“演出”が見受けられるのは気になるところ。クライマックスの《GATE》場面ではやはりスローモションを多用したりと、どうしても多少の違和感は拭えない。
しかし、それらは場違いかも知れないが、『靖国』と比べて観たら果たしてどう映るだろうか?
『靖国』はドキュメンタリーでありながらも随所に、明らかな“誘導”の“演出”がなされていたが、この作品に於ける“演出”にはドキュメンタリーを逸脱してしまったある種の“高揚感”が監督の内部に在った為と、好意的に観て取れなくもありません。
実際《原爆の火》がアメリカ本土に上陸してからの過程に至ると、奇妙な僧侶達一行は好奇な眼で見られるが、真意を知るに及びみんなが“尊敬”に値する様に気持ちが通じ合って行く。
“それら”は一部の人間を除き全ての人々の願いであり《祈り》なのだから。だからこそ初めの内はアメリカ人嫌いだった宮本僧侶も、寄る土地の人達のボランティア精神の高さと、戦争の愚かしさ・犠牲となった人々を思う意識の高さを知って、最後には明るい笑顔で接している事実にこそ、みんなの《祈り》を素直に感じ取っている。
映画の中では僧侶達一行はただ行脚する事で“その意志表明”をするのだが、その事での内部分裂を映画ではナレーションのみで伝える。

《抗議》は《祈り》とは違う事の事実。

そうなのだ!みんなの《祈り》は《抗議》とは違う大きな波となってうねりを作ったのだった。
だから《抗議》では開かなかったGATEは人々の《祈り》には応えてくれたのだ!

でもそんな中で気になるのは、日本の企業がある種の《風評被害》を恐れて一切の手助けをしない。その愚かさにはがっかりしてしまう。

ドイツ人のハーレー野郎の意見が、世界に対しての最高のメッセージになっていました。

(2008年8月1日 日劇2)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月27日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi