「とにかく途方もなく醜怪」サヨナライツカ よねさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

サヨナライツカ

劇場公開日 2010年1月23日
全56件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

とにかく途方もなく醜怪 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

"好青年"と周囲から呼ばれる豊は航空会社に勤めるサラリーマン。婚約者の石田ゆり子を置いてバンコクに単身赴任。男ばかりのむさ苦しい飲み会の席に「あら、席がないわね」と初出席のくせに妙に態度がデカい謎の女ミポリンが現れる。

「好青年!好青年!」

バンコクの炎天下で行われる草野球大会、熱い声援の中豊は打席に立った。豊の上司加藤雅也は豊にバントのサインを送る。無表情の豊。ピッチャー投げた!カッキーン!ホームラン!

・・・上司のサイン無視してどこが好青年じゃ、コラァ!

アパートに帰ってシャワーを浴びる豊。呼び鈴が鳴るとそこにはミポリンが。

「はい、ホームランボール」

手渡すやいなや熱いわねとパンストを脱ぎ始めるミポリン。生唾を飲む豊・・・くっだらねえ。どこまでも独りよがりで自分勝手な人間が好き勝手やったら皆不幸になる、出来損ないのあたりまえ体操みたいな辻仁成ワールドを忠実に映像化してみせた韓流製作陣の腕前には本当に頭が下がります。しかしやね、

If You Don't Know Me by Nowしか演奏出来ない居酒屋のハコバン。
1975年なのに全然21世紀風なバンコクの高層ビル群。
そこから25年後のオッサン役者陣のドリフのコントのような老けメイク。
四半世紀経ってもシワの一本も増えない驚異的なアンチエイジングを見せるミポリン&石田ゆり子。
どう見てもグッさんにしか見えないプレスリーフリーク風ルックスで見た目インパクトあるのにお話に全く絡んでこない謎のタイ人。
・・・目障りなものばっかりがバンバン出てきて画面がうるそうてしゃあないわ!

1975年と2000年という明確な時代設定があるのに当時の風俗に一秒たりとも触れない腑抜け切った構成、中学の学芸会の練習のようなクサい台詞のミルフィーユ、半ケツのひとつも見えないのにヘドロのように濃厚なラブシーン、豊とタイ人が25年ぶりの再会で空港で抱き合ってクルクル躍る様とその数分前に豊とミポリンがやってたクルクルとおんなじテンションのスローで撮るという冗談にしては下品過ぎる演出・・・あーもうなんぼ揚げ足取っても取っても生えてくる、巨大ムカデの立田揚げのように醜悪極まりないクソ映画。

一点だけ褒めるとしたら、一回だけバックで流れた"Chovendo na Roseira"が美しかったことかなぁ・・・ってそれボサノバのスタンダードでタイは関係ないし、だったら映画丸ごと要らんっちゅうねん。酷い映画は山ほど観てきましたが、ここまで醜怪なものはそうそうないと思います。

よね
さん / 2019年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi