「原作がとても良かったので」ひゃくはち flying frogさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ひゃくはち」 > レビュー > flying frogさんのレビュー
メニュー

ひゃくはち

劇場公開日 2008年8月9日
全14件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

原作がとても良かったので

早見和真の原作小説がとても良かったので、映画化されていると知ってレンタルで鑑賞してみた。

あ~、そういうことなのね。
原作は20代後半の雅人が恋人に「実はあなたとは高校時代に出会っていて、しかも自分の初体験の相手はあなただ」と打ち明けられ、その記憶がまったくない雅人が焦るところから話が始まり、現在と高校球児時代を交互に描いていく作品だった。
その「高校球児時代」だけを映画にしたんだ。

つまり「現在」に繋がる重要な人物である恋人の佐知子は出てこないし、同じく「現在」に繋がる重要なエピソードであるノブの退部騒ぎも映画には出てこない。

うーん、良い話なんだけどな~。佐知子が出てこないのか~

とがっかりはしたのだけど、この映画はこれはこれで良い。バカばかりやっていた自分の高校時代を思い出した。バカな高校生、大好きだ(笑)
タバコを吸い、合コンで女の子を追いかけながらも、名門野球部のベンチ入りの最後の1人を争う、多くの「男の子だった」男に身に覚えがある話だった。

…いやでも佐知子が出てこないのはやはり寂しいけど(笑)
それよりクリスマスパーティーのノブの「野風僧」の替え歌がなかったのは納得できないけど(笑)

flying frog
さん / 2018年4月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報