「荒唐無稽なら半端な事するなやボケ」ウォンテッド アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ウォンテッド」 > レビュー > アサシンさんのレビュー
メニュー

ウォンテッド

劇場公開日 2008年9月20日
全94件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

荒唐無稽なら半端な事するなやボケ

弾丸が相手と自分のが数限りなく相討ち。
それだけで脱力感。
最後の方は一発で四人くらい死んで、自分にブーメランして死ぬ。
死にかけたら栄養の風呂で数時間で回復。
10数キロ先からライフルで曲がりながら暗殺。
スコープも曲がるの、光が曲がるの?
訓練でムキムキて、身長まで数十センチ伸びるか大人が。
その割に格闘はアナログ。
撃たれたら指で玉掘り出す?
Xメンかよ!
友達に女寝取られるのわろたな。
テーブルで後ろから高速でピストン。
削岩機みたい、キツツキみたい。
コメディーじゃ無さそうだが、ホント、脱力ムービーだな。
アンジェリーナが死にかけで痩せ衰えた叶姉妹姉さんみたいに見えてきました。
キスしたらヘルペスうつされそうです。
堪忍してくだされ。
ちなみに、字幕と吹き替え半々で見ました。
ダイゴなかなかいけてましたよ。
脱力感が似合うテヘペロ。

アサシン
さん / 2019年2月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報