劇場公開日 2009年5月23日

  • 予告編を見る

重力ピエロのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全81件中、1~20件目を表示

3.5残酷な過去

Normanさん
2019年10月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Norman

4.5Mahatma Gandhi said

yonda?さん
2019年10月2日
PCから投稿

自分自身がこの世でみたいと思う変化にあなたがなりなさい。ガンジーが言ってた。名言。

昔のアルバムおもしろかった。
悪いことをそうとは思わないサイコパス野郎の感じが出ていてなかなかの怖さがあった。

きれいにまとまっていたし完成度は非常に高いいと思う。本とは面白いと感じる部分が違うというか、映像化することでなんだか地味になった感じがする。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.0春が2階から落ちてきた。

shinさん
2019年8月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

伊坂幸太郎の映画化作品。
2人の兄弟、その家族の苦悩を描いた作品だと感じた。
キーワードは「放火、グラフィティアートDNA、レイプ」そして「家族」。
映画としては先が読めてしまって、残念に思えた。
好きだな、と思ったシーンは、春が金賞を取った際、春の絵の才能は父親譲りのものだと他の受賞者の母親から暗に揶揄され、春はそれに怒って、暴力を振るってしまうシーン。春の母親が止めに入って、そのまま謝っていれば、おそらく、他の受賞者の母親は、「父親の凶暴性も遺伝するんですね」ぐらいの皮肉を言っていただろう。そこで機転を効かして、春の母親が「やめなさい」と他の受賞者の母親のお尻を絵で叩く。春の凶暴性は私に似ているということを示していて、一般的にいえば批判されるんだろうけど、息子を庇う強い母親が表現されていてスカッとした。
あとは、最後の血は繋がっていないけど、嘘をつく癖は似ている、いけないことをしたこと事実がバレて、父親としては悲しいシーンだろうが、あらためて、育ての父を実感できる温かい場面だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shin

4.0泣いた

にあさん
2019年7月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にあ

3.0井坂幸太郎の小説の主人公には顔を付けたらいけないのかも(それは映画...

2019年6月8日
Androidアプリから投稿

井坂幸太郎の小説の主人公には顔を付けたらいけないのかも(それは映画化するな、と言っているようなものですが)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0春が二階から降りてきた

otona213さん
2019年4月30日
iPhoneアプリから投稿

この言葉だけで好きな映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
otona213

4.0家族愛だけじゃない深い哀愁漂う良映画

2018年10月7日
Androidアプリから投稿

ラストシーンに漂う哀愁と深みは圧巻だった

なんとなく素朴で、フワッとした映画かなと思ってみたら、結構重いテーマを扱っている映画

登場人物に対する感情移入は凄いできるし、岡田将生はやっぱりかっこいい、絵になる

しっかりとした脚本がしっかりと映画化されたというような印象
見せるシーンと、見せないシーンのバランスも絶妙で、見終わったあとはなんだか暖かくなるような気持ちになる

残忍なレイプ犯演じる、渡部篤郎見事だった、あれは殺されるべきだと思ったので、殴り殺されるシーンはすかっとした

作る側の自己満映画じゃなくて、見る側のことをよく考えて作られた良映画だと思う

ミステリーや謎解きとしても面白く、練り込まれてて、かつ魅力的で創造的なミステリーワールドが繰り広げられる

やや哲学的な言葉や、世界を映画の中にとりいれてるのも、この映画のいいとこだろう、そういう要素が映画により深みと味を与えている、ハルに漂う哀愁も哲学ワードでより感じる

柔らかさと強さとしなやかさなど、あらゆる要素が詰まっていると思う

考え出すと答えが出ない重苦しいテーマを見事に、軽くしすぎず、重くしすぎず、うまく表現しているのかもしれない

家族ができたらまた見たくなるかもしれない、そんなような魅力がある映画だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そらごん

3.0原作に魂を揺さぶられたのに、映画は中途半端だ

2018年9月10日
PCから投稿

サスペンスも絆の物語も中途半端、足りないところは説明が多い。ハチミツとかいらん場面多いな。メリハリつけないと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.0二人が好き

2018年9月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作は読んでいないです。
苦しくて悲しくて重い話。
でも温かさや優しさが溢れた家族愛。
二人の空気がとてもいいです。好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
☆ユウ☆

2.5春が二階から落ちてきた

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

レイプ犯の子供の弟、春(岡田将生)が放火魔をしつつ父親(渡部篤郎)への復習を狙う。
血の繋がらない兄弟の絆、全てを知る父親(小日向文世)との絆、等を包む深い愛情を感じた。ただ回想シーンの小日向のヅラだけは違和感がぬぐえなかった。
サスペンスから復習ものへと変わっていく展開は面白かった。
テーマ性は感じたが、深い考察には至らなかったのが残念。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

3.0うーん

2018年3月17日
iPhoneアプリから投稿

悪くは無いけど名作の域には達していない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

5.0久しぶりの名作

りんさん
2018年3月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

難しい

兄弟、親子、性、世間、生きる上で必ず生じる矛盾、作者が訴えたいメッセージがきちんと映画から伝わった!
とっても丁寧に原作の伝えたかった事を理解して作り上げられた映画だと思う。
俳優陣もとても良かった。
自分だったらどうするだろう!そう考えながら鑑賞。
心に深く深く残る映画!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りん

2.0昔の自宅へ

2018年1月8日
iPhoneアプリから投稿

兄が走っていくシーンで、興ざめ。邦画特有の有り得ないシーン。どんだけ、走って自宅行くねん!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トッキー

3.5先は読めるけどでも

ひのさん
2017年11月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

途中から展開の先は読めます。が、最小限の登場人物に詰め込まれた人間の個性と濃厚さがなんとも魅力的に描かれていて夢中で見ることができた印象です。

キャッチーなタイトルに対して重いテーマ且つミステリー、ではありますが導入とラストの演出は柔らかくまとめられていました。ぜひ原作も拝見したいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひの

3.5先が読めちゃう

123さん
2017年9月28日
iPhoneアプリから投稿

先が読めちゃって、
どんでん返しなどもなく終わっちゃうけど、

「気休め」についての母の発言だったり、
「深刻なことほど陽気に報告する」父だったり、
ガンジーの名言だったり、

ハッとするような名言が散りばめられていて
深みを出していたように思う。

それにしても岡田将生、綺麗な顔だなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
123

3.5それでいいの?

もりりさん
2017年9月24日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もりり

3.0遺伝子

ミカさん
2017年8月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

3.5見ててすごく面白いけれど

maimaiさん
2017年8月19日
iPhoneアプリから投稿

別に考察する場面がない。
ふわっと終わる感じが伊坂さんだなーと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
maimai

3.0岡田将生が出てた

2017年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

中身はちょっと暗くて複雑。最強の家族!と気持ちいい感じではない。岡田将生が出ていたのを知らなかったので驚いた!ゆとりですがなにか?の特別編を見終わった後すぐに見たので笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わーこ

3.5イズミとハル。両方英語にするとスプリングという仲の良い兄弟と父親の...

2017年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

イズミとハル。両方英語にするとスプリングという仲の良い兄弟と父親の最強家族。そして先に亡くなった母親を含め、家族の中での団欒と抱える悩みという陽と陰を描いた作品。

途中で先が読めるが、それはそれで内容に引き込まれていく。

血のつながりでの絆、一緒に暮らした絆。どっちも大切なんだろうな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ
「重力ピエロ」の作品トップへ