「意外と考えさせられる映画」イキガミ サケビオースさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「イキガミ」 > レビュー > サケビオースさんのレビュー
メニュー

イキガミ

劇場公開日 2008年9月27日
全24件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

意外と考えさせられる映画

期待以上に面白かった。松田翔太のクールなキャラが結構ハマッていて、イイ感じだったんじゃないでしょうか?

正直にいって、深い、暗い、重い・・・とてもダウナーな映画。でも、人の死を題材にしているからこそ見えてくる、キラキラした一面があり、そこを描くための映画なんだってことが理解できる。設定が近いところでは、「バトルロワイヤル」や「リアル鬼ごっこ」なんかだろうか。

この手の映画を、好物な人がいる事は理解できるけど、私は、「結局は美談なんでしょ?な〜んかイケスカナイ映画だな〜」ってなる。「恋空」とかみたいなカンジっていうか…展開が予想できてしまう。

【名台詞】
松田翔太の部長の、笹野高史の言葉より。
「誰もが感動的な物語に飢えている。これって、商売にして潤う人間がいる。結構な事ではないですか。」

この映画自体が、まさにそうだな。って思った。上手いな。これって、この映画を見ている私達のことなんだよね?(笑)

サケビオース
さん / 2015年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報