悲夢 インタビュー: オダギリジョー&キム・ギドク監督 インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「悲夢」 > インタビュー > オダギリジョー&キム・ギドク監督 インタビュー
メニュー

悲夢

劇場公開日 2009年2月7日
2009年2月3日更新

サマリア」でベルリン映画祭銀熊賞を受賞、「うつせみ」でべネチア映画祭銀獅子賞を受賞した韓国の鬼才キム・ギドク監督が、オダギリジョーを主演に迎えた最新作「悲夢(ヒム)」。本作について、オダギリとキム監督がミニ記者会見でインタビューに応じてくれた。(取材・文:平井万里子)

オダギリジョー&キム・ギドク監督 インタビュー
「ここまで監督と仲良くなれるものなんだと驚いてます」

かねてから憧れだったキム・ギドク監督との仕事が実現 かねてから憧れだったキム・ギドク監督との仕事が実現

悲夢」は、オダギリと「私たちの幸せな時間」のイ・ナヨンが主演の異色ラブストーリー。別れた恋人を忘れられないジン(オダギリ)と別れた恋人を憎むラン(イ・ナヨン)は、夢を共有しあうという不思議な関係で結ばれていた。精神科医は「2人が愛し合えば夢は消える」とアドバイスするが……。

監督・役者として相思相愛なオダギリとギドク監督 監督・役者として相思相愛な
オダギリとギドク監督
[拡大画像]

キム・ギドクのファンを公言するオダギリにとって、念願の初タッグとなった本作。「現場では、撮影期間わずか12日間というスピード感と判断力、柔軟性にも圧倒されました」とますます監督に惚れ込んだ様子。

一方、「ブレス」のチャン・チェンに引き続き、2度目の海外俳優起用となったギドク監督は、「映画は地域を限定して語られることが多いですが、国にとらわれず、人間という根本的な存在の意識を表現していきたい」という考えのもと、彼はオダギリを主人公ジン役にキャスティング。独特の雰囲気と演技力には以前から注目していたそうだが、最大の決め手については「彼が『東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン』のプロモーションで来韓した際、長髪だったのを見て」とのこと。その理由には、画家出身である監督独特の美意識が反映されていた。

「夢にしろ職業にしろ“時間の蓄積”を感じさせるものが欲しかったので、ジンも長髪でなければいけなかった。また、長い時間を色で表すなら白と黒。その2色を主演2人の衣装に配しました」

“夢”がテーマとあって観客の解釈にゆだねる部分も多いが、演じていて難しくはなかったのだろうか。

「第1稿では役名が“ジョー”だったので(笑)、自分の物語として読めたんです。ノートパソコンで物語の流れを自分なりに整理して、監督がどう考えているかすり合わせていきました」(オダギリ)

異なる言語の会話が最初は違和感を覚えるが… 異なる言語の会話が最初は違和感を覚えるが… [拡大画像]

「現場にパソコンを持ち込んだ俳優は初めて(笑)。彼は脚本も完璧に把握していたし、監督が2人いるのかと思うほど熱心でしたよ」(監督)

映画の中でとりわけ不思議に映るのは、ジンとランがそれぞれ日本語と韓国語で会話するシーン。最初は対話に違和感を感じるものの、2人の“間”が絶妙で、次第にそれも薄れていく。監督はこう語る。

「夢というのは時間と空間を超えることができ、通訳が要らないもの。何より2人が脚本の読み合わせをした段階で『いける』と思ったんです」

これにはオダギリがかつて通っていた俳優養成所での経験が裏打ちされている。相手の感情に合わせて同じことばを繰り返すという授業があったという。

言葉が通じないからこそ通じるものも 言葉が通じないからこそ通じるものも [拡大画像]

「言葉を重要視しないというと大げさですが、その奥にある“気持ち”を集中的に見る授業でした。ことばが分かろうと分かるまいと、相手の感情や感覚、中身を見ようとするのが、芝居の根本にあるので、まったく問題なかったですね」(オダギリ)

こんな彼だからこそ、異国の監督と親友のような関係を築けたのもうなずける。オダギリはこう続けた。

「言葉が分からない者同士の方が、お互いを思いやれると思う。監督とも尊敬し合えて気遣える、その関係性が心地いいんです。ここまで監督と仲良くなれるものなんだと驚いてますよ。なぜギドク監督だけは特別なのかって? (フィーリングが)合うものは仕方ないですよね(笑)」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

いかに人間が愚かであるかを教えてくれる
映画評論

交通事故を起こす悪夢にうなされ目覚めた男が、現場に車で駆けつけると、夢で見たままの事故が実際にそこで起きている。警察は監視カメラに記録された映像に基づき、自宅で眠っていた若い女性を逮捕する。どうやら夢遊病者であるその女性は、男が見る夢...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

チア☆ダン DVD-BOX[DVD] 重版出来! DVD-BOX[DVD] ドラマ ルームロンダリング ディレクターズカット版 DVD-BOX[DVD] さとうきび畑の唄[DVD]
チア☆ダン DVD-BOX[DVD] 重版出来! DVD-BOX[DVD] ドラマ ルームロンダリング ディレクターズカット版 DVD-BOX[DVD] さとうきび畑の唄[DVD]
発売日:2019年1月25日 最安価格: ¥15,376 発売日:2016年10月26日 最安価格: ¥15,747 発売日:2019年5月21日 最安価格: ¥5,878 発売日:2004年1月23日 最安価格: ¥5,176
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全3件)
  • 新しい映画の形 恋人を忘れられずいつも夢で再会するジン(オダギリジョー)と毎晩無意識の状態でジンの夢の通り実際に行動するラン(イ•ナヨン)の悲劇。夢の中の過去現在が行き来する話だが愛が、テーマに、なっている。蝶... ...続きを読む

    ミツマメ ミツマメさん  2014年11月10日 00:45  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 先輩! ギドク先輩が、またまたやってくれました。ところで話は逸れますが、「またまた」というのをひっくり返すと「たまたま」となるのですね。ああ、淫猥な響き。まあどうでもいいのだが。 今回は冒頭から実験し... ...続きを読む

    ラジオ ラジオさん  2009年3月17日 00:14  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • わかりやすい胡蝶の夢 いきなりオダギリジョーだけが日本語で喋ってるのに周りの韓国人と会話が成立しているのに笑った。言い訳をしないのは潔し。その意味ではわかりやすい胡蝶の夢だ。 ...続きを読む

    ant antさん  2009年2月27日 00:53  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 小さな恋のうた 佐野勇斗×森永悠希×山田杏奈×眞栄田郷敦×鈴木仁「ちい恋バンド」沖縄で深めた絆
  • インタビュー コンフィデンスマンJP 挑みがいがある作品――長澤まさみ&東出昌大&小日向文世が惚れ込む「コンフィデンスマンJP」の世界
  • インタビュー チア男子!! 横浜流星が痛感した“応援”のパワー 「チア男子!!」原作・朝井リョウと語る
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報