ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト : 映画評論・批評

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

劇場公開日 2008年12月5日
2008年12月2日更新 2008年12月5日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにてロードショー

ストーンズという大きすぎる素材。「作品」の枠に収めなかった決断を支持する

流星と思っていたらいつの間にか恒星に変わり、それでもやはり、いつの日かふたたび流星に戻って去っていくような気がする。40年以上に及ぶローリング・ストーンズの活動を思うと、こんな考えが浮かんで仕方がない。

「シャイン・ア・ライト」を見て、私はその感をさらに深くした。ビートルズが早々と古典になったのに対して、ストーンズは現役を張り続けている。ミックやキースの顔は皺だらけになったが、彼らは噴火をやめない。いや、噴火ではなくロックだ。永遠の美ではなく、永遠の活力を追い求めるロックだ。だから、彼らはドリアン・グレイにならない。

2006年秋、ニューヨークのビーコン・シアターに、マーティン・スコセッシは18台のキャメラを用意した。撮影監督はロバート・リチャードソンだが、ジョン・トールやロバート・エルスウィットといった大物もキャメラを回している。劇場は小さい。観客2600人というのはストーンズにしては例外的に小規模のコンサートだが、その分、親密度は高い。脚の動きや表情の変化などは、通常のコンサートよりもずっとよく見える。

スコセッシが賢明だったのは、この映像を「作品」の枠に収めようとしなかったことだ。彼はストーンズの巨大さを実感したにちがいない。大きすぎて映画に入らなければ、大きいまま映せ。そしてラストは、恒星を流星に戻せ。スコセッシの決断を私は支持したい。

芝山幹郎

関連コンテンツ

特集

ストーンズ&スコセッシ ニューヨークプレミア会見
特集

2008年3月30日、ニューヨークのパレス・ホテルで、マーティン・スコセッシ監督の音楽ドキュメンタリー映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」の記者会見が行われた。本作は06年秋にニューヨークの小さなホール、ビーコン・...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全17件)
  • ロック世代、即ち団塊の世代の締めくくり 壮大な同窓生記念写真だ 2006年NYビーコンシアターでの彼らの慈善コンサートの映画 さすがのライブパフォーマンスだ スコセッシの映像もそんじょそこらのミュージックビデオとはクオリティが違う だがスコセッシが本作を撮... ...続きを読む

    あき240 あき240さん  2019年2月22日 16:56  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • You Got Me Rockingが発売された頃にどハマりして初... You Got Me Rockingが発売された頃にどハマりして初期作品まで遡って聴きまくっていた時期がありました。その時以来はストーンズまったく聴いてなかったのだけれど、この映画で再びハマりそ... ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2018年9月9日 01:07  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 好きな人のためのエンタメ映像 ここまで続けられている絆みたいなものがさりげなく表現されていて、多少じんわり来るけれど、うまいとは言い難い演奏を映像でじっと聴いていることへの苦痛を強く感じてしまった。 ほぼコンサートの模様を捉... ...続きを読む

    SH SHさん  2018年6月22日 00:32  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報