「この作品すごい好き」ウォーリー MARUKOさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「ウォーリー」 > レビュー > MARUKOさんのレビュー
メニュー

ウォーリー

劇場公開日 2008年12月5日
全73件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

この作品すごい好き ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

言葉がないのにここまで感情を引き出せるものなのか。どうやっているのか不思議になるくらい伝わってくる。発想力、想像力が素晴らしい。冒頭でそれが伝わったのが、地球が朽ち果てるという未来の想像はもとより、ウォーリーが宇宙にでる瞬間宇宙ごみである衛星がすごい量になっている点。自分の想像の範囲を超え、そうか確かにそうなっているかもしれないと納得。それに加え、宇宙突入の演出がより強調されたシーンでもあったとも感じた。そのほか人間が動かなくなりみな太っているなど想像力がとにかく豊か。
根本にロボットであるという概念をしっかりさせている点もさすがである。動きや特徴をとらえ、それを生かした演出が多くみられた。特にラストのイヴが一生懸命ウォーリーを直すシーン。直してただめでたしではなく、“ロボットだから”回路を交換するとデータがなくなる。(思い出したのは奇跡として……)
映像も9年前のものとは思えない美しさ。今見てもいろいろ驚きと刺激を受ける素晴らしい作品であった。
(WOWOWにて観賞)

MARUKO
さん / 2017年3月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報