映画クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(きんぽこ)の勇者!のレビュー・感想・評価

映画クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(きんぽこ)の勇者!

劇場公開日 2008年4月19日
2件を表示 映画レビューを書く

空中戦のレベルが高い!!

出だしと中盤の空中戦のクオリティが高いです。ヒロイン(マタ・タミ)の絵柄も堀江由衣とマッチしており、ファンタジー描写はさすが本郷みつる監督という感じです。しかしストーリーがとても退屈で、同シリーズの「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」と比べてしまうと、子供に何かやらせるには動機づけがとても弱く、しんのすけの興味も続かず、何となくダラダラと観ている感じになってしまいます。ニュース番組で時事を知る事ができますが、本編とはあまり関係が無く取って付けたような印象です。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年6月1日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純 寝られる 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これじゃ嵐は呼べない。

一作目から欠かさず観てきたわけではないため(爆)
おいそれと比べられる内容ではないにしても…^^;
ここ最近のしんちゃん。
おバカor感動モノ…という図式が出来あがってしまい、
観る方も多大な期待を寄せてしまうことが多そう…。
なので実際に観た時に、アレ?と思ってしまうのです。

今回の本郷監督が、初期作品の…ということで、
懐かしく思う観客もいれば、そうでもない観客もいて、
またしても感想が分かれそうな感じがしました…。

私は正直言って、あまり面白くなかったのです。
…というより?分かり辛かった~(+o+)
家族間の温かさを随所に盛り込むところは
どの作品にも共通しているところなんだけど、
今回、それが今ひとつ伝わってこなかったですね。
ややゲーム感覚で画面がドンドン変わっていくので、
どこにテーマがあるのかもよく分からないまま。。
結果、なんだか散漫な印象が残ってしまいましたx

実写にしろ、アニメにしろ、人物の掘り下げ方が
甘いと、そこに感情が入りきれないまま話が進み、
上っ面をなぞる感覚で終わってしまいますが、
今回のしんちゃんでいえば、それが少年マタかなぁ。
キャラクターに魅力のないアニメは実写よりも辛いx

ゆったりとした、やや滑り気味なギャグなど(爆)
悪くないシーンもあるので、勿体なかったですねぇ。
笑えるか泣けるかは置いといて、
まずは作品の魅力を再構築してみたらどうかしら。。

(次作は、ちょー考えてみてください。嵐を呼ぶくらい?)

ハチコ
ハチコさん / 2008年5月3日 / から投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi