SS エスエス

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
SS エスエス
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

東本昌平の同名コミックを哀川翔主演で実写映画化したカーアクション。走り屋たちがタイムアタックを競う箱根レインボーラインで、幻のラリーマシン・三菱スタリオン4WDに乗る謎の男が最速タイムを叩き出した。自動車評論家の栗原は、その男がかつて共にWRCを目指した相棒・ダイブツであることを知る。過去への熱い想いを胸に秘めた2人は、やがて運命のバトルへと導かれ……。監督は「アンフェア the movie」の小林義則。

2007年製作/100分/日本
配給:リベロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2007東本昌平(小学館ビッグコミック)/SS製作委員会

映画レビュー

3.5でら~よ、スタリオン。

ハチコさん
2008年1月23日

楽しい

単純

興奮

車と私。
なんの縁もゆかりもない(さらに知識にすら欠けている^^;)
それなのに、ほとんどこういう走り屋系は観ている私。。。
自分でもなぜだか分からない。
とにかく乗れないのに好きなもの(爆)の三つ指に入るのだ。
「馬」「車」「サーフィン」ほぼぜんぶ乗れない…^^;

記憶に残る最近の作品では「イニシャルD」が大好きだけど
よく似た話だな~と思ったら、やっぱり漫画が原作だった。
あっちは榛名山?こちらは箱根Rラインを使っていたようだ。
よくまぁ夜中に、あんなところで、ブイブイいわせて走って
怒られないよな~(そりゃバレないようにやってるんですよね)
交通事故。ということを考えると怖くて仕方ないんだけど、
プロ(じゃないが^^;)レーサーたちの走りにはムダがないなぁ。

哀川翔は「ゼブラーマン」の時もこんな父親だったような^^;
ほとんど台詞もなく喋らないけど、仏頂面がかえって切ない。
奥さんが、今でも妙に可愛いノリピー♪だから(爆)余計に^m^
ライバル・栗原役の遠藤憲一がとにかくカッコイイ!!(声が。)
ずーっと評論家でいいじゃないか!?なんてマジで思ってしまった。
そうすればあのままずっと、喋っているわけでしょうし…(^^ゞ

話の内容は単純だし、描かれる光景も漫画的。
加えてしつこく繰り返す過去のトラウマのフラッシュバック…。
そういう点を差しい引いても、おそらく車好きには(?)
堪えられない臨場感とリアルな車たちの雄姿が延々と観られて、
こんなに楽しい劇場空間は無かったんじゃないでしょうか!?
古い車だけど(爆)ものすごい走りですよね。ホントに。。

知識のない私でも十分に楽しめたのは、
子供達や脇役の存在感を含めたドラマ性を重視している点。
たったひとりで成功できる人間なんているはずがなく、
常に支えてくれる温かい協力者の目線でものをいうあたり、
ちょっとジ~ンとくるところもあったし。
やたら「成田山」のお守りにこだわったシーンにも笑える^m^

(ところでブンブクは何を造っていたの?彼がいちばん謎^^;)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る