劇場公開日 2010年3月19日

  • 予告編を見る

NINEのレビュー・感想・評価

3.158
10%
33%
42%
12%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全58件中、1~20件目を表示

3.0豪華スターによる巨匠へのオマージュミュージカル

SpicaMさん
2020年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ダニエル・デイ・ルイスの母性本能をくすぐるイケおじ振り、ソフィア・ローレンをはじめとする豪華な女優陣による歌、踊り、芝居をまとめて鑑賞できる、フェデリコ・フェリーニ感謝祭!みたいな作品だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM

2.5シカゴっぽい。

R♪さん
2020年3月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ダニエル・デイ=ルイスは悩んでる姿が良く似合う✨

男性的には魅力的な女性が次々にセクシーに踊るので違う意味で楽しいかも。

終始悩んでる主人公に振り回されてる誰かになった孤独感が得られる。

ストーリーに取り残された感かな?

音楽、ダンスは最高でした🎵

シカゴっぽいと思ったら同じ監督でした💦💦

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
R♪

1.5ミュージカル版「ナイン」を、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。

2019年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ミュージカル版「ナイン」を、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.0イタリア風味ミュージカル

Yukoさん
2019年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

女がいないと生きていけない映画監督と主人公を取り巻く女達の物語。ストーリーはほぼその一行だけです。(笑)
舞台は全てイタリア、主人公もイタリア人。(台詞はほぼ英語)なのでストーリーはハリウッド風、映像はイタリア風。ブロードウェイ・ミュージカルを映画化したというだけあり、女性陣が舞台で歌って踊るシーンは煌びやかで豪華。
ダニエル・デイ=ルイスは情けないながらもひたすら男の色気たっぷりで素敵でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Yuko

4.0豪華キャストを楽しむ映画

光陽さん
2019年8月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

萌える

美しい女優人の豪華キャストを楽しむミュージカル映画。
ストーリーが面白いわけではないがそれでも良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
光陽

3.0ゴージャスな世界観は最高!

2019年5月11日
iPhoneアプリから投稿

ミュージカルとしての豪華さは素敵。
ストーリーは、若干途中で眠くなる。
音楽とダンスと豪華な俳優陣は楽しめる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
七星 亜李

2.5豪華でゴージャスなMV。

2020年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

萌える

一幕一幕はものすごい。
 ペネロペさんだけじゃなく、ディンチさんやコティヤールさん、デイ=ルイス氏も歌う。
 各楽曲の中でも、『Be Italian』と『Cinema Italiano』が出色。

役者もそれぞれ切り取るとぞくぞくする。
 ペネロぺさんの依存的で自己中なダメ女ぶり。周りにいたら迷惑女だけど、なんてかわいらしい。ホテルからの帰り道の場面。やりきれなさ、情けなさ、でも恋しさ。切なすぎます。でも別れられないんだよねぇ、はぁ。
 コディヤールさんの、幻想が打ち破られた時のあの表情。ぐっとくる。
 ”女神”に祭り上げられたキッドマンさんは痛いかな。キャバレー嬢のようだ。だから「神じゃなくて人間よ」と歌われてもしっくりこない。最初にキャスティングされたゼダ=ジョーンズさんだったら、エジプトの女神アイリスのようだったんじゃないかなと惜しい。
 それに比べて、やっぱりローレンさんの存在感にはひれ伏す。全部持っていかれてしまうから、サラギーナからのイニシエーションが意味をなさない(ダンスと歌は最高なのに!)。
 そして、デイ=ルイス氏の叫びに圧倒される。

テーマも、アカデミー賞が好きそうな、産みの苦しみ。
周りも、自分も傷つける。

だのに、それを並べるとなんでこうなるかなあ。

チャプター機能を使って、お気に入りの場面を繰り返し見た方がよさそうだ。

原案とされる『8 1/2』は、今も名作と名高い名作中の名作を次々産み出した監督が、自身を投影したと言われる映画。心の中を映像化した”夢(寝ているときに見る方)”のようで、話がどこへ行くかハラハラしつつ興味が尽きない。変なタイトルは、8作映画を作って、9作目をとる間(の苦しみ・ドタバタ)という意味と聞く。
 人の頭の中を、他人がかき回すとこうなるのか…。
 『8 1/2』の主演は『ひまわり』等のマストロヤンニ氏。ローレンさんとかとのラブコメも得意な二枚目中の二枚目。そんな人たらしの方が右往左往するからダメ男でもつい許してしまうのだけれど。
 デイ=ルイス氏だと、重いかな。こちらも、最初にキャスティングされたバルデム氏だったらどうだったんだろう。
 でも、やっぱりこの映画の監督だと同じかな。舞台は未鑑賞。舞台の、原案への解釈がこうなのか、監督の解釈がこうなのか…。題名の意味も変わっちゃっている。残念。
 ミュージカル好きなのに…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

3.0女優大量投入型大作

としさん
2020年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年5月3日 #nine 鑑賞
フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」のミュージカル版をロブ・マーシャル監督が映画化。#ダニエル・デイ・ルイス 主演で、女優陣が豪華だけど内容は普通。#マリオン・コティヤール、#ペネロペ・クルス、#ジュディ・デンチ、#ニコール・キッドマン、#ソフィア・ローレン
#ダニエル・デイ・ルイス#マリオン・コティヤール#ペネロペ・クルス#ジュディ・デンチ#ニコール・キッドマン#ソフィア・ローレン#ケイト・ハドソン#ファーギー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.5ストーリー性

2018年3月11日
iPhoneアプリから投稿

はあまり、なかったが、カッコよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トッキー

4.0ミュージカル好きな方は必見

UNEmiさん
2020年11月20日
PCから投稿

ロブ・マーシャルは舞台作品を映画にするのがうまい。
今回も、普通のストーリーに舞台演出に近いものを挿入してる作りだけど、CHICAGOより進化してました。

ロケ地がイタリアだからってだけではなく、ヨーロッパ映画の匂いがしたからヨーロッパ資本が入ってるのかと勘繰ってみたけど、100%アメリカ製作でした。

ダニエル・デイ=ルイスがセクシーすぎる。
あのメンツの中で妻の座を射止めたマリオン・コティヤール、出世したなぁ。

女優陣、適材適所でした。

ファーギーが歌う、タンバリンと砂を使った演出部分、舞台でも実際に砂使うんだろうか!?
とにかく、舞台版も見なければ、と思ったのでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

2.5虚飾の世界

もりりさん
2017年8月27日
PCから投稿

寝られる

著名な映画監督が名声を武器に不倫をして痴話げんかする話。
幼稚なおっさんの死ぬほどどうでもいい話がこれでもかと飾りたてられている。

ミュージカルや豪華俳優陣など視覚的には楽しめるかもしれないが、
そういうことも含めて、中味はないけど、外面だけはやたらと派手な作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もりり

3.0曲が良い

shiaさん
2017年2月5日
iPhoneアプリから投稿

何か深い意味があるのでは?と思い何度も観たけど…
特に見つからず…ストーリーはつまらない。。

ただ曲がめちゃいい。
見たほうがいい。
つまらないけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shia

5.0およよ ダニエルが歌い踊りよる!

300さん
2020年1月14日
iPhoneアプリから投稿

なんつか意外性もあるけど、むちゃ面白かったし、ここからしばらくミュージカルにハマった。
あ、ミュージカル好きなんじゃん!とダニエルが気付かせてくれた。

確かこの後に『シカゴ』だった。
普通は逆だよね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
300

3.5【映画製作に行き詰ったマエストロと3人のミューズの関係性をミュージカルタッチで描こうとした作品。3人のミューズを愛でる作品でもある。】

NOBUさん
2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

単純

知的

■マエストロ、グイド監督(ダニエル・デイ=ルイス)に絡むミューズ達
 1.妻、ルイザ       (マリオン・コティヤール)
 2.愛人、カルラ      (ペネロペ・クルス)
 3.新作「イタリア」主演女優(ニコール・キッドマン)

ーもう!豪華過ぎるでしょ!キャスティング! -

■印象的なミュージカルシーン
 1.グイドとの夫婦関係をルイザが皮肉を込めて歌い上げるシーン
  ”制作にのめり込むと・・”  右下には項垂れているグイド・・。
 -マリオン・コティヤール:流石、エディット・ピアフを演じただけあるなあ・・。-
 2.グイドのマザコン度合いが分かるシーン
  幼いグイドに歌いかける母(ソフィア・ローレン:豪華ダナア・・)
 3.グイドの苦悩する気持ちを、ダニエル・デイ=ルイスが苦し気に哀し気に歌い上げるシーン

 そして、「イタリア」の製作中止が発表される。

 -2年後、イタリア アングイッラーラの海辺を歩くグイドと衣装デザイナー、リリー(ジュディ・デンチ:ホント、豪華である・・)-

 そして、「仮称:NINE」の製作が始まり・・”アクション!”

<”3人のミューズの起用方法”が実に残念だった作品。
「仮称:NINE」は勿論、「8 1/2」を意識しての名前だろうが、「FOUR」位で良かったのではないかな、ロブ・マーシャル監督。(すいません・・・)>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.0ストーリーはいまいちだけど、キャストとミュージカルシーンは本当にす...

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ストーリーはいまいちだけど、キャストとミュージカルシーンは本当にすごかった!特にミュージカルシーンはミュージカルというよりはMPVに近いかも...同じ監督の作品でも、私はやっぱりCHICAGOのほうが好きかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

4.5大好きな映画

2014年3月17日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

ダニエル・デイ=ルイスとオスカー女優ばかりでただただ豪華です。
そしてミュージカルでも見やすい。
個人的にはマリオン・コティヤールが美しかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピッコロ大魔王

2.5ラブシーン

2016年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

音楽のないラブシーンなんて
ラブシーンじゃない

気に入ったのはこのフレーズ

ミュージカル映画
個人的にあまり好きじゃないからかそこまで気に入らなかったけど。雰囲気良かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のこっと

4.0グイドにインスピレーションを与える女性たち

Chemyさん
2013年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chemy

4.0華やかさと退廃がうまく混ざり合っていた

Cape Godさん
2013年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

難しい

総合75点 ( ストーリー:70点|キャスト:75点|演出:80点|ビジュアル:75点|音楽:80点 )

 「シカゴ」と同じロブ・マーシャル監督によるミュージカルだが、時代背景の古い「シカゴ」が何かと古臭さを感じたのに対して、こちらのほうが音楽も舞台も全然現代的で趣味に合った。特にラテン系の「シネマ・イタリアーノ」は豪勢で華やかだった。現実と舞台とを分けて描くことで、突然歌い出すような不自然な演出をしていない部分も好印象。基本的にミュージカル嫌いな私だが、今まで観たミュージカル映画の中でこの作品が多分一番いい。フェリーニ作品を基にしたというだけあって、退廃的な主人公の生き様と苦しみが女性達と共に薄暗い映像の中に浮かび上がってきて、その描き方も気に入った。そしてその合間を華やかな舞台芸術が飾っている。
 イギリス滞在経験があるという設定のイタリア人監督である主人公グイドの、イタリア訛りのあるイギリス英語がまさに設定どおりで雰囲気作りに一役買っていた。最初はその喋りからイタリア人俳優かと思っていたが、調べてみるとグイドを演じたダニエル・デイ=ルイスはイタリア滞在経験のあるイギリス人だそうで主人公役の設定とは反対であるが、だからこのような喋りが出来たのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.5イタリアンなミュージカル

2013年10月18日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

しっかりミュージカルです…!
でもレミゼ的な、セリフが歌って感じじゃなく、
歌のシーンになると場面転換することが多いですね

俳優さんたちが豪華!!
しかもみんなハマり役なので
安心して見れますb
舞台はイタリアなので
全編通して英語なんですけどイタリア訛りっぽくしてるところが良いととるか違和感になるか…観る人によって違うと思います。

あと歌が全てイイです!
サントラまで楽しめる映画っていいですよね〜

多分、対象年齢は30〜50代とかですかね?
将来また見返した時に評価がどうなってるか気になるところです^^

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ms. Parnassus
「NINE」の作品トップへ