ラブリーボーン インタビュー: シアーシャ・ローナン、15歳の演技派女優の素顔

ホーム > 作品情報 > 映画「ラブリーボーン」 > インタビュー > シアーシャ・ローナン、15歳の演技派女優の素顔
メニュー

ラブリーボーン

劇場公開日 2010年1月29日
2010年1月26日更新

ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督が、世界30カ国以上で1000万部を超える売り上げを記録したベストセラーを映画化した「ラブリーボーン」が1月29日より公開される。14歳で殺害された少女スージー・サーモンが、現世と天国との“中間の地”に留まり、自分が死んだことによりバラバラになっていく家族や初恋の人を見守っていく姿をファンタジックに描いたドラマ。主人公スージーを演じたシアーシャ・ローナンが初来日を果たし、インタビューに応じた。(取材・文:編集部)

シアーシャ・ローナン インタビュー
「いつかコメディをやってみたい。私は人を笑わせるのが大好きなの」

劇中よりもさらに大人びた印象のシアーシャ・ローナンが初来日 劇中よりもさらに大人びた印象のシアーシャ・ローナンが初来日

ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演の「つぐない」(07)で、13歳にしてアカデミー助演女優賞にノミネートされ、一躍注目を集めたシアーシャは、94年4月12日生まれで現在15歳。大物監督との仕事も続々と決まり、早くも演技派としての風格も漂っているが、素顔は明るいティーンエイジャー。初めての日本にも、「会う人すべてがフレンドリーで、空港から来る途中も、すごく清潔な街だなと思ってたし、夜はネオンがすごくキレイ!」と澄んだ青い瞳を輝かせる。

13歳でオスカー候補になった 13歳でオスカー候補になった [拡大画像]

つぐない」では、自らの嘘により姉とその恋人の運命を引き裂いてしまうブライオニー、そして「ラブリーボーン」では14歳で殺害されてしまうスージーと、代表作はいずれも過酷な運命を担った役どころ。そうした難役を確かな演技力で体現し、作品を支えてきたシアーシャだが、意外にも本人はコメディが大好きだそう。

「『サボテン・ブラザース』とか、ああいうものすごくバカバカしいコメディが大好き(笑)。もちろんロマンスもドラマも、本当に良いものは好きだし、ミュージカルだったら『ヘアスプレー』のような、楽しくて素晴らしいものが好きなの。あとスリラーやホラーもね。でも、全く意味がないのに興行的に成功しているような大作は好きじゃない」

さまざまなジャンルに興味を示すシアーシャだが、「ラブリーボーン」はドラマ、スリラー、ロマンス、ファンタジーなど、さまざまな要素を内包した作品。それゆえに映像化された様子はなかなか想像がしにくかったと思うのだが……。

「原作の読者もそうだと思うけど、私も脚本を読んだときに、スージーが留まる“中間の地”というのが、ちょっと想像しにくかった。どういうふうに映像化するのかなと思ったし、撮影中もブルースクリーンを使っているので、自分でもどうなるのかはっきりと分からないところもあったの。でも、出来上がってみたら本当に素晴らしい、美しい映像になっていて驚いた。しかも、あの世界にはスージーが生きていたときに馴染みのあったアイテムがいろいろと出てくる。そうした14歳の少女の世界をきちんと取り入れていたから、とても分かりやすく、うまくまとめたなと思ったの」

ピーター・ジャクソンの作り出す世界にウットリ ピーター・ジャクソンの作り出す世界にウットリ [拡大画像]

その独特な世界観を映像化したピーター・ジャクソン監督の手腕、人柄を、シアーシャは絶賛してやまない。

「彼との仕事は、本当に楽しかった。彼は情熱的でビジョンがあって、すべてに全力投球するエネルギッシュなところもあるけど、とても優しくて地に足のついた人。撮影地のニュージーランドを訪れたとき、私は20数時間もかけたフライトでクタクタになっていたんだけど、泊まる場所の近くに彼の家があるから、両親と一緒に訪ねていったの。そうしたら、裸足の彼が紅茶を入れてくれたわ(笑)。そういう人なの。撮影中も、たとえばジャック(マーク・ウォールバーグ)がトウモロコシ畑で殴られるシーンがあるけど、すぐにトウモロコシを片付けなきゃいけないときがあって、そういうときも彼は率先して片付けを始めてた。彼にとってエグゼクティブプロデューサーとかアシスタントディレクターとか、そういった肩書きは一切関係ないの」

さらなる活躍が期待される さらなる活躍が期待される [拡大画像]

次回作は、これまた巨匠のピーター・ウィアーがメガホンを取る「The Way Back」で、すでに撮影済み。そして「つぐない」のジョー・ライト監督の新作「Hanna」で、タイトルロールを演じることも決定したばかり。「ジョーのことは大好きなので、すごく楽しみ」と笑顔をはじけさせるシアーシャ。作品選びは「やはり監督が大事だし、あとはキャラクター、ストーリーや脚本ね」と語るが、大好きというコメディにはまだ出演していない。

「コメディは難しいって言われているけど、やっぱり一番好きなジャンルだから是非やってみたい。私も普段から冗談を言うタイプ。人を笑わせるのが好きなのよ」

ラブリーボーン」では、今年のブロードキャスト映画批評家協会賞で若手女優賞を受賞。メキメキと頭角を現し、ハリウッドでも将来が有望視されているだけに、コメディエンヌとしてのシアーシャをスクリーンで見る日は、そう遠くないかもしれない。

関連コンテンツ

特集

【動画集1】マーク・ウォールバーグ&レイチェル・ワイズが語る
特集

各々がアカデミー賞ノミネートや受賞の経歴を持つ豪華キャストが、オスカー監督ピーター・ジャクソンの下に集った「ラブリーボーン」。スージー・サーモンの両親を演じたマーク・ウォールバーグとレイチェル・ワイズのインタビュー動画と、本編映像の一...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

シアーシャ・ローナンの視線の先がスペクタクルだ!
映画評論

冬のトウモロコシ畑で殺された14歳の少女が語り手となって、天国から残された家族たちや真犯人の行く末を見守る。原題は「愛すべき骨たち」。猟奇殺人の犠牲者たちへの鎮魂歌的なストーリーなのだが、「羊たちの沈黙」や「セブン」といったダークスリ...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ]
ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2011年6月24日 最安価格: ¥2,700 発売日:2012年1月13日 最安価格: ¥991 発売日:2011年6月24日 最安価格: ¥1,944 発売日:2012年1月13日 最安価格: ¥1,349
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全72件)
  • ラブリーボーン 見る価値無し ここまでの映画は人生で初めてである。 時間と金をかけて生ゴミでも作ったかのようなものだ この映画は意味のないシーンが8割。 残りの2割は 「性犯罪者に気をつけましょう。たとえ犯罪者が逮捕され... ...続きを読む

    ベンゼン星人 ベンゼン星人さん  2019年3月11日 16:13  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • 少女漫画風サスペンス ネタバレ! ...続きを読む

    宮西瀬名 宮西瀬名さん  2018年9月18日 21:41  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ビミョーかな。 まーまー面白かったし、マーク・ウォールバーグの、娘を想うが故の苦しみが ひしひしと伝わってきて良かった。 だけど、親って 子供が行方不明となれば、どんな形であれ我が家に帰って来て欲しいと願うもの... ...続きを読む

    m@yu-chan-nel m@yu-chan-nelさん  2018年8月19日 17:11  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 九月の恋と出会うまで 運命は変えられるのか? 高橋一生&川口春奈が初共演「九月の恋と出会うまで」で問う
  • インタビュー 翔んで埼玉 ディスり上等! 二階堂ふみ&GACKT「翔んで埼玉」に刻んだ耽美な“愛”
  • インタビュー サムライマラソン 佐藤健&森山未來が驚き、戸惑い、試行錯誤を繰り返した時代劇の現場とは?
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報