ラブリーボーン : 映画評論・批評

メニュー

ラブリーボーン

劇場公開日 2010年1月29日
2010年1月26日更新 2010年1月29日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

シアーシャ・ローナンの視線の先がスペクタクルだ!

冬のトウモロコシ畑で殺された14歳の少女が語り手となって、天国から残された家族たちや真犯人の行く末を見守る。原題は「愛すべき骨たち」。猟奇殺人の犠牲者たちへの鎮魂歌的なストーリーなのだが、「羊たちの沈黙」や「セブン」といったダークスリラーとは一線を画したダークファンタジーであり、ピーター・ジャクソン作品らしく、「明るさ」に満ちていて不思議な後味の良さがある。

女子高生たちが加害者となった「乙女の祈り」とは立場的には真逆なストーリーだが、ジャクソン監督は映画のハイライトともいえる天国の描写を、ターセム監督作品のような壮大なイマジネーションとして見せきっている。ともすれば感傷的になりがちな物語を、すんでのところで避けているのがいい。

主人公の少女をシアーシャ・ローナンが好演している。彼女が碧い瞳で「見ることすべて」が映画最大のスペクタクルになっている。彼女は「もっと家族に会いたい、もっと恋がしたい」と語るわけだ。彼女の願いや祈りが感動への引き金になるのだが、共感できるか否かは彼女の視線の先の出来事が理解できるか否かにかかっている。評価が分かれる映画だが、この壮大なファンタジー映画は、名子役ローナンの純粋かつ無垢な演技により、いっそうの輝きを放っているのは間違いない。

サトウムツオ

関連コンテンツ

特集

【動画集1】マーク・ウォールバーグ&レイチェル・ワイズが語る
特集

各々がアカデミー賞ノミネートや受賞の経歴を持つ豪華キャストが、オスカー監督ピーター・ジャクソンの下に集った「ラブリーボーン」。スージー・サーモンの両親を演じたマーク・ウォールバーグとレイチェル・ワイズのインタビュー動画と、本編映像の一...特集

インタビュー

シアーシャ・ローナン、15歳の演技派女優の素顔
インタビュー

「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督が、世界30カ国以上で1000万部を超える売り上げを記録したベストセラーを映画化した「ラブリーボーン」が1月29日より公開される。14歳で殺害された少女スージー・サーモンが、...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ]
ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[DVD] ラブリーボーン[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2011年6月24日 最安価格: ¥2,700 発売日:2012年1月13日 最安価格: ¥991 発売日:2011年6月24日 最安価格: ¥1,944 発売日:2012年1月13日 最安価格: ¥1,349
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全72件)
  • ラブリーボーン 見る価値無し ここまでの映画は人生で初めてである。 時間と金をかけて生ゴミでも作ったかのようなものだ この映画は意味のないシーンが8割。 残りの2割は 「性犯罪者に気をつけましょう。たとえ犯罪者が逮捕され... ...続きを読む

    ベンゼン星人 ベンゼン星人さん  2019年3月11日 16:13  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • 少女漫画風サスペンス ネタバレ! ...続きを読む

    宮西瀬名 宮西瀬名さん  2018年9月18日 21:41  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ビミョーかな。 まーまー面白かったし、マーク・ウォールバーグの、娘を想うが故の苦しみが ひしひしと伝わってきて良かった。 だけど、親って 子供が行方不明となれば、どんな形であれ我が家に帰って来て欲しいと願うもの... ...続きを読む

    m@yu-chan-nel m@yu-chan-nelさん  2018年8月19日 17:11  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報