「母の愛、悲しみと強さ。涙なくして観られない。でも、一筋の光が。」チェンジリング Marikoさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

チェンジリング

劇場公開日 2009年2月20日
全94件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

母の愛、悲しみと強さ。涙なくして観られない。でも、一筋の光が。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

また号泣してしまった。観るの3回目なのに。
監督イーストウッド作品はほんとに見応えあるんですよね。

1928年、ロス。9才の息子が行方不明になったシングルマザーのアンジーの、これは長い闘いの物語といってもいいでしょう。実話です。

・・・5ヶ月後にみつかり戻った息子は別人だった。
だが主張は認められず、再捜査を依頼するも、当時腐敗しきっていたロス市警は取り合わない。それどころか自分達の不手際を隠蔽しようとアンジーを精神病院に放り込む。
絶望の中、手を差し伸べる牧師マルコビッチが現れ、徐々にか弱い女性から強い母へと変わっていくアンジー。

詳細は書きませんが、ぜひ観てほしい。

こんなことが許されるわけがない!
そして、どん底の中でも人はこんなにも強く生きていけるのか…と
母というのはこうも強いものかと。

5年後。逃げてきた他の子供の証言を窓越しに聞きながら涙を流すアンジーに号泣しました。
こんなかわいそうな話ある??

悲劇ではありますが、彼女の闘いは明らかにロスを変えました。世論が警察を動かしました。街を変えました。

真っ当な人と 真っ当な事実には
天は味方をするのです。

心に残る作品です。星★★★★★5つ。
アンジー、体張ってます。素晴らしい演技です。

Mariko
さん / 2018年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報