「おぞましい話なのだが・・・」チェンジリング 率直manさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

チェンジリング

劇場公開日 2009年2月20日
全94件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

おぞましい話なのだが・・・

まず第一に、替え玉の少年が、なぜ頑強に真の息子だと言い張ったのか?という最大の謎が解明されないまま話は終わってしまった。
残念。

また、主人公のクリステインが命の恩人とも言うべき牧師に対し、終始、妙な距離感を保っている事に違和感を持った。
クリステインが最初から牧師と強力タッグを組んで警察と対峙していれば、精神病院に送られることもなかっただろう。
彼女が単独で警察に対応しようとするやり方が、どうにももどかしく賢明でないと感じた。

率直man
さん / 2018年1月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報