ジョン・カーター

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジョン・カーター
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ターザン」でも知られる小説家エドガー・ライス・バローズが1912年に発表したSFヒロイックファンタジーの古典的名作「火星のプリンセス」(創元SF文庫刊)を、「ファインディング・ニモ」「ウォーリー」のアンドリュー・スタントン監督が自身初の実写作品として映画化したアクションスペクタクル。1868年、アメリカ南北戦争で活躍したジョン・カーターは、ある出来事がきっかけで地球から遠く離れた滅びゆく神秘の惑星バルスームに瞬間移動してしまう。そこで出会ったサーク族の戦士タルス・タルカスやヘリウム国の王女デジャー・ソリスらと心を通わせたカーターは、バルスームの危機を救う戦いに身を投じていく。タイトルロールを演じるのは、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の新鋭テイラー・キッチュ。美貌のヒロイン、デジャー・ソリスをリン・コリンズが演じる。

2012年製作/133分/G/アメリカ
原題:John Carter
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0タルス・タルカスに引っ叩かれるシーン

kossyさん
2019年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 良かったのは、戦いの目的地であるはずのゾダンガにサブ・サン(ドミニク・ウェスト)がいなくてタルス・タルカスに引っ叩かれるシーンだ。

 惑星バルスーム(ついバスルームと覚えてしまう)は火星のこと。彼らが呼ぶ地球はジャスームだとか・・・ともかく太陽系に関する知識なんかは同じレベルだ。瞬間移動で到着して直ぐに出会った種族はサーク。これがフルCGで描かれていて、手は4本、牙が生えているのが印象的。身体の線の細さは『アバター』の影響なのだろうか、雰囲気は似ている。

 メインの種族はなぜか地球とそっくりの人類で、ゾダンガという戦争好きの大国が火星を支配しようとしていて、なんとかそれに対抗している国がヘリウム。皇帝であるサブ・サンが神の使者?マタイ・シャン(マーク・ストロング)から第9の光を授けられ、星の実権を我が物にしようと、平和を望むヘリウムの王女デジャー・ソリス(コリンズ)との結婚を要求する。そんな時、重力の関係か驚異的なジャンプ力を見せるジョン・カーター(キッチュ)が現れたのだ。名前はサークの皇帝タルス(声:ウィレム・デフォー)によって“ヴァージニア”と呼ばれてしまう。

 カーターは故郷である地球に戻りたい一心で巡礼の地を訪れるが、そこにもマタイの策略にそそのかされた種族(サークを野蛮にした感じの種族)に襲われる。なんとか超人的に活躍して撃滅するカーターであったが、サークの本拠地に戻ると皇帝が更迭され、カーターを殺そうとする奴に取って代わっていた。ローマの遺跡みたいな闘技場にて巨大な白熊みたいな奴に殺されそうになるも、そいつもやっつけてしまう。彼はカリスマ指導者となり、このままだとゾダンガに全てが滅ぼされると訴え、サーク一族を率いて敵の本拠地に乗り込むのであった・・・

 地球ではカーターは戦争によって家族を失うという辛い過去があり、火星でのプリンスに徐々に惹かれてゆく。そしてサブ・カンと彼女との結婚式の最中に乱入してクライマックス。結局は好きになった女のために他国へ干渉してしまった形。“大義”という言葉が何度も出てくるけど、彼の大義が女だったとしか思えなくなってくる・・・最初は「戦いはもうたくさんだ」と言ってた割に、最初から殺しまくってるしなぁ・・・まぁ、最後のオチはかなりSFファンを納得させてくれるエピソード。ジョン・カーターの葬儀も終わり、墓は内部からしか開けないが、甥であるエドガーが暗号で開き、襲ってきた神の使い?を生きていたカーターが撃つという展開。故郷である火星に帰るぜ!なんて、なかなかカッコいい人生だ。ただ、火星に戻ってからは描かれてないので、デジャーがカーターがいなくなったため再婚している可能性もあるのだ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0面白さはあります。

miharyiさん
2018年9月30日
PCから投稿

この作品ね、テンコ盛りなの。
アバターとかスターウォーズとかいろんな映画の合作みたい。ちょっと映画に詳しい人ならすぐに見抜けちゃう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

4.5面白い!

2017年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

知的

盛大にコケたという噂を聞いてたのでずっと観てなかったし、今回もハードルを上げずに観たからかもだけど、想像以上に良く出来てるし面白かった!
原作は読んでないから分からないけど、恐らく100年前の小説のクラシカルな面白さだけは残しつつ、現代的な解釈を入れること現代の観客にも楽しめるエンタメに仕上がってるのだと思う。
しっかりSFとファンタジー的な面白さが融合してるし、ある種神話的でもあって、さすがはストーリーを大切にするピクサーで、「ウォーリー」「ファインディングニモ」という大ヒット作を生み出したアンドリュー・スタントンが手がけてるだけのことはあるなーと。
132分は確かにちょっと長めだけど、最後の最後まで物語に引き込まれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

4.0普通に面白いんだが?

2016年2月4日
Androidアプリから投稿

楽しい

別に説明不足なんて感じないがどうやら原作を大分はしょってるそう?

全体として違和感は無いが主人公が王女を救った理由が人間だからだが敵もどう見ても人間なんだよな(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
夢見る希望
すべての映画レビューを見る(全44件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る