シルク(2007) インタビュー: マイケル・ピット&フランソワ・ジラール監督に聞く(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「シルク(2007)」 > インタビュー > マイケル・ピット&フランソワ・ジラール監督に聞く(2)
メニュー

シルク(2007)

劇場公開日 2008年1月19日
2008年1月17日更新

前作「レッド・バイオリン」に続いての国際プロジェクトに携わったフランソワ・ジラール監督。19世紀半ばのフランスと日本を舞台に男女の幻想的な愛を描いた本作について話を聞いた。(取材・文:若林ゆり

フランソワ・ジラール監督インタビュー
「オリジナリティに満ちた、濃厚で詩的な世界に魅了された」

画像1

原作は、散文詩のような小説。19世紀半ばのフランスと日本を舞台にしたこの小説にジラール監督が惹かれたのは、まず「この小説が描く普遍的な愛と、オリジナリティに満ちた、濃厚で詩的な世界に魅了されたこと」。そして、「エルベの異国への情熱に共鳴したこと」だという。

フランソワ・ジラール監督 フランソワ・ジラール監督

前作「レッド・バイオリン」でもいくつもの異文化を描き、その後も世界中で多彩な芸術活動を行ってきた監督は言う。「異文化に触れるということは、一人の人間としても芸術家としても、私自身が生きていく上でも非常に大事なテーマですからね」

そして今回、幕末という日本の歴史以上に彼を興奮させたのは、日本の俳優たちだ。

「日本人のキャストは全員、私のインスピレーションの源となってくれました。役所広司さんは、私が役に求めていた内面的な強さと貫禄といった要素をすべて持ち合わせている上に、役者として非常に品格がある。中谷美紀さんは、内面的にもスピリチュアルな美しさを秘めている、神々しい人です。芦名星さんは、まだ経験が浅いにも関わらず、全くセリフがないという難役を見事に演じてくれた。彼らとぜひもう一度仕事がしたいと、いま具体的に考えているところです」

映画の中で、エルベは妻を愛しながら、とりつかれたように日本の女性に惹かれていく。あれもまた「愛」だったのだろうか?

主人公にとって2人の女性の意味とは…? 主人公にとって2人の女性の意味とは…?

「いい質問ですね。私はこの作品が描くのは、愛の多面性だと思っています。エレーヌは妻として夫のエルベを深く愛し、エルベも妻を愛している。これは確かなものです。しかし、それを惑わすように日本人の少女が登場して、対照的な愛の側面が競合し、ぶつかり合うような形になる。

※以下、ネタバレあり!

実は私の解釈では、エルベが日本人の少女に抱く愛情というのは、妻への深い思いを象徴したものなんですよ。実際には、彼は少女を愛していたのではなく、妻に対する愛情を人間化したのが少女だったのではないか、と。妻と少女は、一つの愛のあり方における、二つの側面というわけです。最後の手紙のエピソードは、少女への思いに引きずられて苦しむ夫を妻が救い、苦しみから解放してやるのだ、という気持ちで描いたんです」

<<マイケル・ピット

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

絹の肌触りのように細やかな“掌編”
映画評論

世界的に注目を集めたアレッサンドロ・バリッコの小説を原作とするこの映画の物語は、19世紀フランスの山間の小さな町から語り起こされる。戦地から戻った若き軍人エルベは、美しきエレーヌと一目で恋に落ちて結婚の後、蚕の疫病の蔓延で危機に直面し...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

アルマゲドン2007[DVD] BULLY ブリー ラリー・クラーク監督[DVD] ファニーゲーム U.S.A.[DVD] シルク[DVD]
アルマゲドン2007[DVD] BULLY ブリー ラリー・クラーク監督[DVD] ファニーゲーム U.S.A.[DVD] シルク[DVD]
発売日:2007年8月3日 最安価格: ¥5,184 発売日:2017年1月27日 最安価格: ¥1,000 発売日:2009年6月26日 最安価格: ¥4,104 発売日:2012年7月20日 最安価格: ¥1,080
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全17件)
  • シルク 芦名星のヌードが見られます、 ...続きを読む

    剣龍王 剣龍王さん  2018年8月25日 20:06  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 2007年で、これですか 「レッドバイオリン」などの作品で知られるフランソワ・ジラール監督が、マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイを主演に迎えて描く、ラブストーリー。 江國香織著「冷静と情熱のあいだ」に、次のような記述... ...続きを読む

    ダックス奮闘{ふんとう} ダックス奮闘{ふんとう}さん  2011年5月20日 01:37  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 美しい作品 キーラ・ナイトレイが好きなので見たのですが、キーラ演じるエレーヌという女性の心がきれいで痛かったです。妻として謙虚であり続けるがため、ラストには驚きでした。フランス人がここまで控えめというか貞淑... ...続きを読む

    aihime aihimeさん  2010年5月11日 22:04  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報