エクスクロス 魔境伝説のレビュー・感想・評価

エクスクロス 魔境伝説

劇場公開日 2007年12月1日
5件を表示 映画レビューを書く

“阿鹿里(あしかり)村”が舞台となっていたけど、車は足刈ナンバーだった

 いつ父親を越えられるのかと、非常に興味のある深作健太作品。三池、北村テイストにも似てはいるものの、なぜか物足りなく感じてしまいます。携帯から聞こえる「足を切り落とされるぞ!」という台詞には『SAW』を意識したかのようなホラー作品ではありますが、見どころはもっと別のところにある映画でした。

 山奥の阿鹿里村。露天風呂もある温泉地で、宿泊施設は数棟あるコテージ。女子大生水野しより(松下奈緒)は傷心旅行のつもりで、友人火請愛子(鈴木亜美)が調べた秘湯にやってきた。実は浮気をした恋人朝宮(池内博之)がしよりとヨリを戻すために愛子に頼んだ旅行だったのだ・・・。2人はそれぞれ違った恐怖を味わうことになるのです。

 しよりは村人に足を切られる生贄の対象。そして愛子は自分が振った男の元カノから狙われるのですが、その対決シーンが一番の見せ場。元カノと名乗ったレイカ(小沢真珠)はハサミを自在に操り、執拗に愛子を追いかける。隠れる場所の少ない村であるためか、なぜだかトイレに縁のある愛子なのです。そしてハサミに対抗する必殺技は“まぜるな危険”攻撃であったり、チェーンソーであったりと、シチュエーションは過激ながらも大笑いさせてくれる。こうなったら恐怖を味わうホラーではなく、笑って盛り上がるためのB級映画なんだと鑑賞心構えを改めなければなりません。

 こうしてハサミ女vsチェーンソー女で楽しんだ後には急におとなしくなって、失速感まで味わえるのです。その間、ヒロイン2人が水と火だから青と赤の光を使っているんだろうとか、XXの意味は二刀流ハサミ使いのレイカだったのか、などと色んなことを考える隙を与えてくれました。そして、序盤には圏外となっていた携帯もその後はずっと調子良かったとか、電話番号を良く覚えていたもんだとか、余計なことまで考えてしまうのです。

 中盤の鈴木亜美対小沢真珠の章だけは大満足でしたが、終盤はかなりのドタバタホラー。「8時だよ全員集合」のドラマの終わり方みたいでした。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コメディの域を出ない

見所は鈴木あみの狂い咲きといった所か?
シャパニーズホラーが流行り、流行りに乗って安易に産み出されたホラーミステリー作品。
出演者のファンとかB級好きならお薦めしますが、痛みの伝わる方じゃない痛々しい映画かと思う。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2016年8月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーいいよね。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

鈴木亜美の出演で話題になったという記憶しかないですが結構面白かった。この作品の素晴らしさは、そのストーリー展開です。深作健太監督なかなかやります。あまりグロっぽくないホラーですが光る演出とそのカメラワークで段々と怖さを増加させます。足ってポイントがいいですね。池内の足フェッチ度も突き抜けています。裏切りの裏切りを様々な角度で演出しています。観てて飽きないよね。小沢真珠の突き抜けた演技も素晴らしい。スピード感もあって最期まで楽しめました。日本のホラーもやるよねって感じです。

としぱぱ
としぱぱさん / 2010年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

弾けっぷりが気持ちいい和製ホラー

寂れた温泉地にやって来た女友達2人組。
彼女たちが巻き込まれる世にも恐ろしい出来事が描かれるんですが・・・。

テンポよく進むストーリー
突っ込みドコロ満載
一歩間違えればコメディになり兼ねない展開

劇場で観たら評価は低かったと思いますが、
DVDレンタルで観る分には、結構楽しめます。

『どうぞ突っ込んで下さい』と言わんばかりの
弾けた内容が逆に気持ちいいです。

だいすけ
だいすけさん / 2009年7月19日 / から投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高に楽しい笑えるホラー

この映画は面白かったです。
キレのいい、サイコーのB級のエンターテインメントでした。

深作健太監督がここにきて肩の力が抜け、ふっ切れた感じです。

最近のホラーはやればやるほど、恐怖と笑いが紙一重となっていますが、
この作品は冒頭から出来の良いホラーと見せて、快調に飛ばすうちに
一体どうなってしまうんだという、驚きと思わず笑ってしまう楽しさに
満ちた映画でした。

主演の一人、松下奈緒さん。
今が旬のキレイな女優さんで、お洒落な恋愛映画が似合いそうな
人ですが良く出演してくれました。
恐怖におののく表情も魅力的で、やっぱりホラーには美女が似合います。

もう一方は、鈴木亜美ちゃん。
「虹の女神」などにも出ていましたが、それほど印象にはなかったものの
今回の映画では実に達者な演技で、女優としても魅力的に思えました。

彼女がブチ切れて簡易トイレから飛び出し、小沢真珠演じるレイカと
バトルするシーンは、快哉を叫びたくなるシーンでした。

映画はこのあたりから、加速度的にぶっ飛んでいくのでした。

それにしてもこの映画の小沢真珠さんには、大拍手です。

些細なことには目もくれず、委細構わず心地よいテンポで見せてくれ、
あえて観客のために、ツッコミどころを満載としたかのような映画でした。

現場の楽しさが、そういった場面から窺い知れるようでした。
ホラーの名作からのオマージュのような場面も、笑わせてくれます。

ツボを押さえつつ、新鮮な驚きを感じる場面を次々に見せてくれました。
最後のオチまで、タップリ楽しませてくれます。

Mr.G
Mr.Gさん / 2007年12月6日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報