僕の大事なコレクションのレビュー・感想・評価

僕の大事なコレクション

劇場公開日 2006年4月29日
2件を表示 映画レビューを書く

【祖国を忘れない者】と【祖国を捨てた者】 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何でも収集する男がイライジャ・ウッド。
その彼が自分のルーツに纏わる写真と共にウクライナへ、案内するのがアメリカ被れの爺さんと孫に有名人から取った名前の犬一匹。かくして珍道中が始まり、そして…。

音楽がウクライナののんびりとした風景にマッチしていて楽しい。どことなくジプシー調なのが後半に効いてくるし、イライジャ・ウッドの偏狭人振りがまた良い。

しかしながら映画はそんな‘のほほん’とした空気を切り裂くかの如く後半を迎えて段々と本質に迫って行く。

【祖国を忘れない者】と【祖国を捨てた者】
この違いは何処にあるのか。
のんびりとしながらもまだ戦争の爪跡が残る田園風景を見ながら3人と一匹は《オデッサ》から《約束の土地》までやって来る。

「何故集めるんだ?」と聞かれ、彼は「忘れてしまうから!」と答える。

遠く離れていながら楽園を見つけられずに死んでいった祖先の人達の無念な思いが引き合わせた奇跡。
しかしそれは常に隣同士に居り、【忘れた者】と【忘れない者】の人生は‘表裏一体’なのだと…。

(2006年5月1日アミューズ・シネCQNスクリーン2)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギャップがいいね! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ロードオブザリングみてからElijah Woodに惚れて彼の作品をみるのが日常的!日本ではマニアックなほうなんですかねえ。

いつもみているイライジャとは違う役で、みていてほのぼのしちゃいました。犬を本気で怖がったり、なんでもジッパーに入れたり、なんでも知ってるふりして知らなかったり。最初のガイドが迎えに来たときの名前間違えられまくりのシーンは笑いました!

ジョナサンが写真の中の女性探しを通していろいろ学んでいく。世の中の現状を目の当たりにする。成長する。アクション映画ほどスリルあるものではないですけど、見た後ほっこりするドラマ映画。

Mousquetaires
Mousquetairesさん / 2014年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi