イントゥ・ザ・サンのレビュー・感想・評価

イントゥ・ザ・サン

劇場公開日 2005年11月26日
5件を表示 映画レビューを書く

突っ込みどころ満載

外国人排斥を進めていた都知事が殺害された。事態を重く見たCIAは現地のエージェントに調査を命じ…。
日本が舞台のセガール映画。日本では発砲はアウトだがナイフで人を刺すのはOKらしい。セガールの愛おしい日本語と、敵役の大沢たかおが魅力的なので後はもう良いです。

shotgun
shotgunさん / 2019年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

沈黙じゃない

 都知事候補の鷹山の秘書が栗山千明。都知事を射殺したのはチンピラ風の男だ。そう考えるとアメリカが出てくる隙はないような気もするのに、日本人にも見えるが香港マフィアっぽい。どうも日本はアメリカのFBIやCIAに治安を牛耳られているようだ・・・・日本警察はおらんのかい!

 物語はコジマ(伊武雅刀)とクロダ(大沢)の組とが対立する中にセガールが入っていくような構図になってくる。最初に言ってたテロリストはいったいどうなったんだ?ヤクザの世界になってもFBIやCIAが介入?結局は偶然みつけたヘロインを扱うヤクザを倒すことが目的となってしまっただけか・・・

 あくまでも『キル・ビル』のルーシー・リューを意識したおもろい日本語を連発するセガール。不動明王(豊原功輔)という彫師が親の仇としてクロダと対決するところもいいのだが、やっぱりセガール本人が目立たないと納得できないらしい。

 脇では山口佳奈子がなかなかよかったけど、他の映画には出ないのかなぁ・・・ちなみにコロッケも目立っていた。

kossykossy
kossykossyさん / 2019年2月4日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とりあえずキム兄、本当ありがとう!

予告とCMのキム兄だけが、見てて本当面白かったです!あなたがもしいなかったら、もっと酷い事態でした!映画ですが、ダメですねこりゃ。ほんとそれだけ。以上!

平田 一
平田 一さん / 2015年1月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

セガール作品に大沢たかおはまだ早い。

セガール作品では珍しく日本が舞台。
ちょいと日本が絡むシーンはあったが
本格的な物歯今作品が最初である。
もちろん、出来の悪さに最後にもなったが(笑)
セガール自身は悪くはない。
怪しい関西弁と抜刀術は見所あり。
しかし、しかしだ。
敵役のヤクザのボスを演じている大沢たかお。
これが笑う程あっていない。
荒唐無稽で狂気を宿す、ヤクザのボス。
のはずが、なんか無理してんじゃない
いいとこ育ちの坊ちゃんが悪ぶっても
どこか人の良さが滲み出てまるで
学芸会をみてるみたい。
完全なミスキャストです。
セガールのファンなら見てもいいが
そうでなければお薦めしません。

としぱぱ
としぱぱさん / 2014年11月22日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ブラックレイン」の劣化版のよう

総合60点 ( ストーリー:45点|キャスト:65点|演出:55点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 前半は「ブラックレイン」にも似ているが、全体として質感が落ちたような作品。外国人から見た変な日本があちらこちらに散りばめられていて、日本人からすると違和感がある。設定ではスティーブン・セガールの演じるトラビィスは東京の危ない地域で育ったことになっているらしいが、俳優になる前には大阪で合気道の道場を開いていた彼の怪しい関西弁がそこかしこで炸裂する。音楽でも日本を表現したかったのだろうが、中国の二胡の音が流れ続けるのも痛い勘違い。コロッケが野口五郎の物真似をしている場面で、日本人以外が観ると一体どう思うのだろうか。
 でも何か憎めない。おかしなところだらけでもなんとなく許してしまう。日本を舞台にして日本語を喋ってくれるし、日本刀を振り回してくれるし、これだけでもういいじゃないかという気分になった。彼の手助けをして日本刀を持って乗り込んでくる中国の娘が美人で、そのうえ動きも華麗で気に入った。たいした水準の映画ではないけれど、製作者側が無理やり日本らしさを出そうとしてかえって日本から離れていくという意図しない脱力系の笑いもあり、つけた点数よりも本当は心の中では気に入っています。なんとなく日本愛を感じるのです。

Cape God
Cape Godさん / 2014年6月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報