トゥルーへの手紙のレビュー・感想・評価

トゥルーへの手紙

劇場公開日 2005年10月1日
1件を表示 映画レビューを書く

犬は、自分の神様が見えるんだ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「トゥルーへの手紙」(ブルース・ウェバー監督)から。
作品の中で登場する「ゴールデン・レトリバー」に限らず、
犬と人間の関係が、うまく表現されている気がした。
冒頭、私たち世代には懐かしい「名犬ラッシー」の一場面(?)、
「人間は、目に見えない神様と教会で話をする。
でも犬は、自分の神様が見えるんだ。犬にとっては、飼い主が神様。
君を愛し、君に従うのが、ビルの幸せ。」と女の子に話すシーン。
「この子にとって、私はそんな存在なの?」と嬉しがる女の子。
さりげないこの会話は、私の脳裏に強く残った。
犬にとっての神様である飼い主は、
もっともっと、このことを知るべきだ、と思う。
そうすれば、犬への虐待は無くなるだろうし、
神様が、犬の前で変な行動は出来なくなる。(笑)
また、犬の視点で語ったフレーズは、ドキリとさせた。
「飼い主を愛し、飼い主に従うのが、犬の幸せ。」
そう言えば、18年も一緒に過ごした我が家の愛犬も、
どんなに私が疲れて帰ってきても、(深夜になろうと・・)
尻尾を振って近寄り、励ましてくれたし、
飲み過ぎて帰って来た時も、顔を舐めて遊んでくれた。(汗)
そうか、私に愛されることよりも、私を愛し従うことに
幸せを感じていたのかと思ったら、涙腺が緩んだ。
この発想、もっと早く知りたかったなぁ、彼が他界する前に。

shimo
shimoさん / 2013年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報