輝ける青春

劇場公開日

34%
33%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第56回カンヌ国際映画祭・ある視点部門で上映され、6時間という上映時間にも関わらず熱狂的な喝采を持って受け入れられたイタリア映画。1960年代から21世紀の幕開けまでを、イタリアを舞台にある一家の37年間の年代記を描き切った大河ドラマ。監督は「ペッピーノの百歩」のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ。

2003年製作/366分/イタリア
原題:La Meglio Gioventu
配給:東京テアトル

ストーリー

古い歴史の街、ローマ。この地に暮らす、ごく普通の中流家庭カラーティ家。ささいな喧嘩は絶えないが、愛し合う両親とそれを見守る4人の子供たち。家族それぞれの想いを抱えながら、一家の何気ない日々は続いていた。ひとつ違いの兄弟、ニコラ(ルイジ・ロ・カーショ)とマッテオ(アレッシオ・ボーニ)は仲がよく、感性や恋愛観、あらゆる面で共通するものを持っている。しかし、人生の受け止め方…その1点において、ふたりは大きく異なっていた。辛抱強く自らの欲するものにまっすぐ手を伸ばすことのできるニコラに対し、繊細すぎる感受性を抱えているマッテオは、どうしても人生や世の中を合理的に考えることができない。この違いが、兄弟の人生を大きく分けていく。きっかけは、ジョルジア(ジャスミン・トリンカ)というひとりの少女だった。精神病院で不当な扱いを受けていた彼女と兄弟との間には、恋にも似た感情が芽生える。ふたりは彼女を病院から救い出そうとするが、計画に失敗。ニコラは「彼女のような人を救いたい」と精神科医になって医療を見直す決意を新たにするが、マッテオは、この出来事をきっかけに自分を制御できなくなってしまう。自らの心に宿る混沌とした世界をもてあますように、軍隊への入隊を決めるのだった。とはいえ、ニコラの人生も明るいことばかりではない。娘サラが成長を遂げる一方で、パートナーの女性ジュリア(ソニア・ベルガマスコ)は、「赤い旅団」のテロ活動に参加してしまう。そして、一家を支えてきた父アンジェロが不治の病に倒れ、この世を去る。しかし、カラーティ家を深い悲しみに沈ませた出来事は、マッテオの死だった。軍隊から警察に入ったマッテオは、入隊から18年後の年明けに、自ら人生の幕を閉じる。マッテオとジュリア…人生を愛することができず、自らを傷つける選択をしたふたり。愛する人々を救えなかったことに苦しむニコラ。姉のジョヴァンナはニコラに訊ねる。「18年前、ノース岬をめざしてノルウェーを旅するあなたから、手紙が届いた。そこには『あるものすべてが美しい!』と書いてあった。いまでも、それを信じている?」と。やがて、ニコラはマッテオに忘れ形見がいたことを知る。マッテオがパレルモで出会った女性ミレッラ(ミレッラ)との間に生まれた息子アンドレアだ。彼の存在は、マッテオを失った一家の大きな希望となった。共にマッテオへの並々ならぬ想いを抱えるニコラとミレッラは、マッテオに導かれるかのように、ゆっくりと惹かれあっていく。時は流れ、18歳になったアンドレアは、ノルウェーを旅して若き日のニコラとマッテオが到達できなかったノース岬を目前に控え、ニコラに手紙を書く。「おじさんの言うとおり、本当にすべてが美しい」と。ニコラとマッテオからアンドレアへ、人生への美しい思い出は受け継がれていく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第56回 カンヌ国際映画祭(2003年)

受賞

ある視点部門
ある視点部門 最優秀作品賞 マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ

出品

ある視点部門
出品作品 マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0とにかく長い。映画館ではスルーしてしまった

kossyさん
2019年4月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 夏休み。ジョルジアという少女に出会ったニコラとマッテオ。旅の途中、彼女を田舎まで送り届ける。1966年のワールドカップ中継を見ながら北朝鮮を応援する神経なんてのも、学生運動気質を表しているのか、ちょっと意外。ニコラの一人旅。船でアメリカ人のベトナム脱走兵と知り合うなど、この青春時代の旅が後々までの彼らの人生に影響しているかのよう・・・

 医者になったニコラの妻が赤い旅団に加わって拘留されてしまったり、警官になったマッテオが自殺したりと後半はかなり家族が揺れる。

 長い。とにかく長いけど、家族の歴史を語り、感情移入しまくるためには丁度いいとも言える。事件なんかが断片的だということも、それ自体が歴史そのものであることを表しているのだと思うけど、後半の暗さを考えるともうちょっと工夫が欲しいところ。でも終盤になっての母親と娘サラの抱擁シーンはぐさりとくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0延々と続く4時間の前フリ

2015年3月30日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る