遥かなる戦場

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

チャールズ・ウッドのシナリオを、「ジブラルタルの追想」のトニー・リチャードソンが監督したクリミア戦争の物語。撮影は「マドモアゼル」のデイヴィッド・ワトキン、音楽は「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のジョン・アディソンが担当している。出演は、「トリプルクロス」のトレヴァー・ハワード、「キャメロット」のヴァネッサ・レッドグレイヴとデイビッド・ヘミングス、「妖婆の家」のジル・ベネットなど。製作はニール・ハートレイ。

1968年製作/イギリス
原題:The Charge of the Light Brigade
配給:ユナイト

ストーリー

一八五〇年代の初め、ロシアがクリミア半島に手をのばしはじめた頃、イギリスもそれに抗すべく動き出し、平安に飽きた人々は、戦勝のニュースを待っていた。そんなある日、カーディガン子爵(T・ハワード)の閲兵式でノーラン大尉(D・ヘミングス)は旧友のモーリス大尉に、フィアンセのクラリッサ(V・レッドグレーブ)を紹介された。ノーランはインドでの戦いから帰ったばかりで、カーディガンが指揮する騎兵隊に配属される予定だった。ノーランが介添役を務め、結婚式も無事にすんだ。が、クラリッサはノーランの激しい性格に次第に惹かれるようになっていった。ある日、将校クラブで、カーディガンとノーランは、ささいなことから衝突した。ラグラン卿は、軍のことが外部に知れることを心配したが、二人の仲はいっそう嫌悪になっていった。一方、モーリスは主計官デュバリーの夫人に乗馬を教えており、そのため留守がちとなり、二人っきりでいる機会の多いノーランとクラリッサの間は急速に深まっていった。やがてクリミアに兵が派遣されることになり、総司令官にラグラン、陸軍司令官にルーカン卿、軽騎兵旅団司令官にカーディガンが任命された。その頃、クラリッサは妊娠を知り、ノーランに告げた。夫の子か、ノーランの子かわからなかったが、クラリッサは、ノーランの子であってほしい考えだった。クリミア半島についた一行は苦しい行進を始めた。バラクラバに着いた時、兵隊たちはコレラや物質不足に悩まされた。が、カーディガンは自分のヨットで、ぜいたくな生活をし、夫を追って来たデュバリー夫人を誘惑していた。バラクラバの戦いが始まった。ラグランは丘の上に立ち、ルーカンに進撃を命じた。が、下で戦場をみていたルーカンは従いかねた。敵の大砲にまっすぐに突撃することになるからである。ラグランは命令をくり返し、その命令を伝えにノーランは志願して丘をおりた。ついにルーカンはカーディガンに突撃を命令し、ノーランも騎兵隊に整列した。進撃がはじまり、速度が増してきた時、ノーランは、大声で叫びながら最前線までとび出した。一斉射撃が起り、ノーランは倒れた。彼は突撃進路が間違っていることを伝えようとしたのだった。が、時は遅かったのだ。ラグランは、四方に炸烈する砲弾の中を、軽騎兵軍団が突撃するのを呆然と見守った。殺りくが終り、ノーランの間違いを責めながら戻ってきたカーディガンの口を、士官がとめた。彼の馬の足許に、ノーランの死体が横たわっていた。ラグランが丘を降りてきた。士官たちはこの軽騎兵突撃の責任は誰にあるのかを、口論し、互いに、罪をなすりつけるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る