「まだまだ人と野生や動物の共生という考えがなかった」トゥー・ブラザーズ Cape Godさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

トゥー・ブラザーズ

劇場公開日 2004年9月18日
全3件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

まだまだ人と野生や動物の共生という考えがなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:65点
ストーリー: 65
キャスト: 65
演出: 75
ビジュアル: 75
音楽: 65

 人間によって数奇な運命をたどることになった虎の兄弟を通して描く、人と野生の境目にある数々の問題を取り上げる映画。というと堅苦しいようだが、運命に翻弄されながらも人の手を離れただ自由と野生を目指す虎の兄弟の物語であり、実際はもっと気楽に見られる。

 現実には虎をはじめとする野生動物は人間に狩られて生息地域を奪われ続けている。象牙や毛皮を売っていたプロの狩人が自分の行動を反省していく姿が、人々への批判となっている。この時代から見ると問題を抱えつつも随分と現代はましになった。
 色々な不幸な運命に翻弄されるのだが苦労した分やや後半は虎への崇拝が正面に出すぎているように見え、ちょっとうまくいきすぎとは感じる。子供のころにちょっと会っただけの狩人と別れを惜しんだりとかはちょっとやりすぎ。それと兄弟は離れ離れになってもお互いが兄弟と気付くのだが、私の家の犬は子供のころに離れた母親に久しぶりに会うと思いっきり吠え付いてたからなあ。でも兄弟対決で殺し合いという不幸から一気に物語が動き始める展開は劇的である。

 映画ではかなり人間は悪く描かれている。だが昔のサーカスをはじめとする人々の動物の取り扱いは相当ひどかったらしいので、この映画で描かれていることは大袈裟だとは思わない。むしろまだましなくらいかもしれない。虎の演技が相当に良かったのだが、裏にはひょっとして悪い意味でかなり厳しい訓練があったのかなと勘ぐってしまった。

Cape God
さん / 2013年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報