フルタイム・キラー

劇場公開日

0%
17%
17%
49%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

殺し屋の頂点を目指す2人の男が壮絶な戦いを繰り広げるアジアン・フィルム・ノワール。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウと「13階段」の反町隆史。監督は「ザ・ミッション 非情の掟」のジョニー・トゥと、「ヒーロー・ネバー・ダイ」のワイ・カーファイによる名コンビ。

2001年製作/101分/香港
原題:全職殺手
配給:彩プロ

ストーリー

マレーシア。孤高の殺し屋である“O【オー】”(反町隆史)は、冷静沈着な敏腕の殺し屋。“O”は過去に依頼された仕事を遂行する際に、偶然そこに居合わせたかつての旧友の命を奪ってしまったことがあった。タイでは、とある警察署に乗り込む、もう一人の殺し屋がいた。男は拘留中のターゲットを、手榴弾によって派手に爆発死させる。彼は、派手なスタイルで殺人を楽しむことを自分の流儀としている新人の殺し屋トク(アンディ・ラウ)だった。トクは殺しの世界で徐々に頭角を現してきていて、“O”を蹴落としNo.1になるという目的を持っていた。トクはまず香港の“O”のマンションで、家政婦チン(ケリー・リン)に接近する。“O”とトクは、同じ殺しのプロとして通じ合う部分を感じていて、互いの距離を縮めていた。その一方で、数年来“O”を執拗に追い続けている捜査官リー(サイモン・ヤム)もいた。“O”とトクの動きを観察しながら次第に近づいていくリーだが、常にあと一歩のところで取り逃がしてしまう。また、チンも“O”とトクの間で揺れ動き……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0宣伝だけでいいかもしれないが…

2020年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アンディラウと反町隆史さん、日中2大スターの競演で見たのですが,ただ銃をぶっぱなすだけの映画で地味すぎて何を言えばいいのか分かりませんでした…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HIDE Your Eyes

1.0日本、香港、シンガポールと無駄ににアジアを駆け巡るだけの作品

kossyさん
2018年11月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 普段はオノと名乗る“O”。台湾人で日本語が得意な家政婦チン(ケリー・リン)を雇っている。そんな彼に脅迫めいたメールがやってきて、ビデオ屋でバイトするチンにも米大統領のマスクをかぶった男が近づいてきて映画に誘う。「予告編が大好きだ。予告編は映画の醍醐味だ」などと言いつつ手を握ってくる・・・女を殺し屋に?

 しかし、つまらない。アンディ・ラウが殺し屋Oを狙い、警察に捕まりそうになったところを助けるなんてのは盛り上がるところなんだけど・・・全体的なストーリーがお粗末すぎた。向かいのマンションで自分の部屋を監視するとか、そうした設定だけはいいんだけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る