サハラに舞う羽根のレビュー・感想・評価

サハラに舞う羽根

劇場公開日 2003年9月20日
1件を表示 映画レビューを書く

映像良し、音楽良し、演技良し、脚本・演出ダメダメ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

反戦主義の主人公が出征が決まった途端に除隊して、臆病者の印である羽根を渡されたら、今度はうろたえて戦地に赴く...

なぜ反戦主義なら士官になるのか?(いちおう、父のためというセリフはあるが)
なぜ友情を裏切って除隊したのに、羽根を渡されたら1人で戦地に行くのか?

主人公の行動の理由が描かれないので、観るほうは、なんだこいつ!?何考えてるのか訳わからねぇ〜と思うでしょう。

ところが、原作が1902年のイギリス愛国小説と知ったうえで観ると、ジャイモン・フンスーが主人公を守ろうとするのも、瀕死の主人公がいきなり超人の如く強くなるのも、最後に主人公がヒロインと結ばれるのも、全ての?に納得がいきます。
間違った選択(除隊)を反省し、大英帝国のために勇気ある行動をする男には、色んな幸が訪れるということです(笑)

「ランボー3」みたいな話しなのに、監督が変に戦争の悲惨さを強調し、反戦意識を盛り込んじゃうから、矛盾した映画になっちゃったんです。

たぁ〜ちぃん
たぁ〜ちぃんさん / 2013年6月22日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi