ぼくの神さま

劇場公開日

ぼくの神さま
0%
43%
57%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ナチス占領下のポーランドの片田舎を舞台に、成長していく子どもたちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、「欲情の媚薬」のユレク・ボガエヴィッチ。製作総指揮は、「ブラッド・ラン」のトレヴァー・ショートとダニー・ディムボート。出演は、「A.I.」のハーレイ・ジョエル・オスメント、「アメリカン・サイコ」のウィレム・デフォーほか。

2001年製作/98分/アメリカ
原題:Edges of The Lord
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

ストーリー

1942年、ポーランド。11歳のユダヤ人少年ロメック(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は、両親の必死の思いから、ユダヤ人の強制連行が激しいクラクフからポーランド東部の小さな村に送られる。ロメックを預かった農夫グニチオ(オラフ・ルバスゼンコ)には、妻とふたりの息子がいた。兄のヴラデック(リチャード・バーネル)はロメックを嫌ったが、弟のトロ(リアム・ヘス)は好意的だった。村の神父(ウィレム・デフォー)は、ユダヤ人のロメックがカトリックに偽装することを許していた。次第に皆と打ちとけていくロメック。しかし村にもナチスの軍靴が迫り、禁止されている豚を飼っていたグニチオが殺される。そして、神父が“12使徒になる“というゲームを教えたことをきっかけに、トロは自分がキリスト役になるといって、奇妙な行動をとりはじめる。その頃、ユダヤ人を強制収容所へと移送する列車が村を走り、多くのユダヤ人たちが列車から飛び降りて逃げようとしていた。ロメックは、自分がユダヤ人ではないことを証明するため、ナチスの将校の前でユダヤ人たちを辱める。そこにトロが現れ、ロメックが自分の友人だという声を否定し、収容所行きの列車に乗せられてしまう。青年になったロメックは、トロのこと、そして自分を救った人々のことを忘れないと心に誓うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0不思議な物語

kossyさん
2018年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 不思議な物語だ。普通のユダヤ人迫害の映画とは違い、キリストの生まれ変わりを思わせるかのような不思議なストーリーに仕上げてある。子役たちの演技も素晴らしいのだが、ナチスの描き方が不自然だ。子役トロ(リアム・ヘス)の将来に期待だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る