若草物語(1949)のレビュー・感想・評価

若草物語(1949)

劇場公開日 1949年12月
2件を表示 映画レビューを書く

心が温まります

古き良きアメリカの清く正しい姿がここにあります
我々日本人にも大いに共感できる善良な人々
米国も日本も70年近い年月が流れ
遥かに遠くに来てしまった
失われた楽園
少しでも思い出して、それぞれの身近でこの映画のような心の温まる関係を作りたいと願うばかりです

あき240
あき240さん / 2018年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1949年なりの若草物語

総合65点 ( ストーリー:75点|キャスト:65点|演出:60点|ビジュアル:65点|音楽:65点 )

1949年にこの時代にしてはかなり鮮やかな天然色で制作されたのは素晴らしいと思うが、1994年版を先に観てしまった後だといろんな部分で何かと古さを感じる。せっかくの天然色での撮影なのに、登場人物たちが家の周囲や庭で話す場面も、本物ではなく撮影スタジオの作り物の庭だというのがわかって質感が下がる。演技も舞台演劇のような科白回しで、役者たちが自然な動きをしているという感じがしない。一つ一つの事柄が簡単に進みすぎて、演出上の深みがないままにあっさりと早く過ぎていきすぎる。だから同じ場面を観ても、受ける印象の深さが異なる。この時代としては健闘しているが、やはりこの時代なりの作品。

Cape God
Cape Godさん / 2013年9月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報