ロミオ・マスト・ダイのレビュー・感想・評価

ロミオ・マスト・ダイ

劇場公開日 2000年5月13日
6件を表示 映画レビューを書く

アクション シーンは 面白かったです

アクション シーンは 面白かったです。 しかし、 それだけのために、 ほかの退屈なシーンを見せられたのでは、 視聴者は退屈です。 もう少しアクション シーンの割合を増加するべきでした。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2018年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

くりくりしたジェット・リーの眼差し

だけが印象に残った。
まあ、格闘技、ギャング、地上げ、裏切りに恋愛とちゅ~と半端なテーマを盛り込んだこのチープな脚本が全てを台無しにしてますな。ジャッキーを彷彿させるコミカルな格闘シーンは割りと好きなんですけどね。最後の謎解きの結末が陳腐。今時無いなあと突っ込みいれたくなった作品でした。

としぱぱ
としぱぱさん / 2017年11月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

がっかり

安直で辻褄の合っていないストーリー、わざとらしいアクションすべてダメ。

MaK
MaKさん / 2017年9月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったよりもB級でした

総合:40点
ストーリー: 30
キャスト: 70
演出: 40
ビジュアル: 70
音楽: 70

 最初から内容にはあまり期待していなくて、それでもジェット・リーのアクションが楽しめればそれでいいかと思って観た。だが思った以上に全体的にB級でした。大袈裟な科白、やたらと格好をつけたあり得ないアクション、ありきたりのと物語と、一昔前の映画のように感じた。服役中の主人公が弟の死を知った途端に看守を殴り倒して香港の刑務所からあっさりと脱獄する場面とか、脱獄犯がどうやって入国できたのか知らないがアメリカにたどり着いてタクシーに乗車拒否されたからそれを盗むとか、そこに偶然ヒロインが客として乗り込んできて仲良くなるとか、子供向けの漫画じゃあるまいしと前半はもう呆れかえるほどだった。それでも物語が進むに連れて、だんだんとよくはなってきた。
 登場人物は悪くない。特に黒人側は美人のヒロインとその父親やデブのボディーガードのモーリンや野望いっぱいの部下のマックと、わかりやすい個性的で魅力的な人材が揃っていた。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ある意味神タイトル

ロミオ=ディカプリオのイメージしかないんですが、まさかのジェット・リーですよ。

要するにそれぞれ対立する組織側にいる男女愛という事なんですが、なんか結構淡白な、普通の恋愛って感じで良いですね。さすがリー=少林寺の僧。

これ以降、リーって似たような作品に出ることが多いですね。
ヒップホップな雰囲気とでも言うんですかね。

中身はワイヤー多めのカンフーアクションで、マトリックス的なふわふわ食感が楽しめます。

なんといっても一番キマってるのはタイトルじゃないでしょうか。

普通、「ギャング映画」の「カンフーアクション」にこんなタイトル付けませんよ。主演がアメリカ人俳優だったらまだわかりますけど。

最近こういう、タイトル見た時点ですでにめっちゃ面白そうな映画あんまりないんですよね。なんかドストレートなのが多くて。

まあ逆に「タイトルだけじゃねぇか!!」って映画も多々あります。

TSUTAYAに入り浸ってジャケ借りばっかりしてる自分としては切ないです。

アメリカナイズなリーの作品の中では良い方だと思います。

ゼリグ
ゼリグさん / 2012年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過度なワイヤーアクション

初盤の脱走シーンは格好良いのだが、どうも有りがちな感じがする。話の内容がヤクザ間ってのが私的そそるけど(苦笑)

相手ヤクザに馬鹿にされてからの仕返しは痛快。
ラグビー場面のワイヤーアクションは大袈裟で少し笑ってしまったが、それ含めてのジェット・リーの仕返しが良かった。
結構コミカルな作りだと思う。
ヤクザの家族間の悩みが描かれていてちょいリアルさも感じたが、期待して観ただけ少し損した気分。

「ロミオとジュリエット」をモチーフとしているからか何かマフィアの娘と良い関係になってくる。んー…その辺は無い方が良いかな(苦笑)

ワイヤーアクション激しい。
いくらジェット・リーが使うのが上手いからと言っても個人的には程々が丁度良い。

2011年11月10日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報