「マーフィ巡査の”マジメにやれ”に痺れます、何十年経っても」ロボコップ(1987) よねさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ロボコップ(1987)

劇場公開日 1988年2月11日
全23件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

マーフィ巡査の”マジメにやれ”に痺れます、何十年経っても

4K版のディレクターズカットでの鑑賞。実際には2Kでの上映でしたがスクリーンでの初鑑賞だったので不問にします。

凶悪犯罪の巣と化した近未来のデトロイト。南署から転属になったマーフィ巡査は男勝りのアン・ルイス巡査とパトロール中にクラレンス率いる強盗グループに遭遇、廃工場に追い詰めたものの反撃に遭い惨殺されてしまう。民営化された市警を運営するオムニ社は実戦配備前に暴走した警察ロボットED-209の代わりにマーフィをサイボーグ化しロボコップとして蘇生させる。着任早々から活躍するロボコップはマーフィとしての記憶は消去されたはずだったがクラレンス達に襲われた時の記憶が悪夢として蘇り・・・というストーリーは全人類がご承知の通り。

いかにもヴァーホーヴェン監督作品だなと思うのは市警のロッカールームが男女兼用であること。これは『スターシップ・トゥルーパーズ』と同じ設定、未来の話なんだから男女平等なんて常識でしょ?ということでしょうがこれを32年前にやるかね?という話。初パトロールでアンを制してマーフィがハンドルを握る時のアンの超イヤそうな顔とか、そんな些細な描写も当時も今も斬新。マーフィ殺害の血も涙もないエゲツなさは今でも鳥肌立つし、コブラ銃を街中で乱射してはしゃぐクラレンス一味のキテレツぶりもヤバい。そして廃工場でのクライマックスで疾走するバンのホイールが外れてカメラの真上をヒュンと飛び越えていくシーンは判っているのに首をすくめてしまう。何十年経とうがビタ一文色褪せない乾いたバイオレンスとギャグには開いた口が塞がらないです。

私の座右の銘はマーフィの名台詞「マジメにやれ」なわけですが、この映画を観るたびに己のぶったるんだ根性にヤキを入れられます。この映画の前ではいつまで経っても舎弟だなと思います。

よね
さん / 2019年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報