レネットとミラベル 四つの冒険

劇場公開日

レネットとミラベル 四つの冒険
25%
25%
37%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エリック・ロメール監督が、対照的な2人の少女レネットとミラベルが体験する不思議な出来事を、4つのエピソードでつづった短編オムニバス。自転車のパンクをきっかけに知り合った2人が、夜明け前に訪れる無音の瞬間を体験するべく奮闘する第1話「青い時間」、パリで同居生活をはじめた2人と奇妙なカフェ店員とのやり取りを描いた第2話「カフェのボーイ」、犯罪や良心について対話を繰り広げる第3話「物乞い 窃盗常習犯 女詐欺師」、家賃を稼ぐためレネットが描いた絵を売ろうと奔走する第4話「絵の売買」で構成。ロメール監督はレネット役のジョエル・ミケルの体験談に着想を得て本作を企画し、少人数のスタッフと16ミリフィルムで撮影を敢行した。

1986年製作/99分/フランス
原題:Quatre aventures de Reinette et Mirabelle
配給:シネセゾン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0幻想的な郊外での経験。そして都会でのやりとりが面白い。

kossyさん
2020年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 4編のオムニバス作品で、1本目は、別荘で夏休みを過ごすミラベルの自転車がパンクしたことがきっかけとなって農家に住むレネットと仲良くなったエピソード。レネットは、夜と朝が交差する1分間の「青い時間」に虫の声も鳥の声も聞こえなくなる静寂をミラベルにも体験してもらいたくて部屋に泊まってもらう。昼間は自分の描いた絵をミラベルに説明したり、隣家の農業従事者から野菜の育て方・食べ方を一緒に学んだりする。「青い時間」以外は何かしら雑音が聴こえるものであり、この一瞬の出来事が彼女たちの友情を深めることになった。そして、パリで共同生活を始めるのだが・・・

 2本目「カフェの店員」、3本目「物乞い 窃盗常習犯 女詐欺師」はレネットとミラベルの正義感や金銭的な価値観についての議論となるのですが、これがまた考えが対照的だったり、信念に矛盾が見つかったりと興味深いもの。ちょっとしたコメディ要素、貧困者への救済といった現代的テーマも含まれていた。

 4本目は、金には困ってなかった感じのレネットだったが、遺産相続が上手くいってなくて家賃を滞納しそうになる。そこで好きな絵を売ることにするエピソード。画商のいい加減さや、彼女たちの作戦が功を奏した面白さが光っていた。

 日常に存するちょっとしたやりとりも、皮肉めいたものや議論することによって考えも少し変わるといった、固定観念を揺さぶられる思いにさせられた。重いテーマじゃないので、何気なく鑑賞する分には心地よい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「レネットとミラベル 四つの冒険」以外にこんな作品をCheck-inしています。