リトル・ショップ・オブ・ホラーズ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
リトル・ショップ・オブ・ホラーズ
14%
50%
36%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークのダウンタウンに店を構える売れない花屋の店員と吸血植物の愛憎を描く。ロジャー・コーマン監督の未公開作品“The Little Shop of Horrors(61)のミュージカル舞台劇版の映画化作品。監督は「ダーク・クリスタル」の共同監督でマペット作家のフランク・オズ、製作はデイヴィッド・ゲフィン、脚本・作曲はハワード・アシュマン、撮影はロバート・ペインター、プロダクション・デザインはロイ・ウォーカー、特殊視覚効果はブラン・フェエレン、“オードリー2”デザイン・創造はライル・コンウェイ、音楽はマイルス・グッドマン、作曲はアラン・メンケン、編集はジョン・ジンプソンが担当。出演はリック・モラニス、エレン・グリーンほか。

1986年製作/アメリカ
原題:Little Shop of Horrors
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

スキッド・ロウの花屋の店員シーモア・クレルボーン(リック・モラニス)は、小さい頃に拾われた主人のマシュニク(ヴィンセント・ガーディニア)に、まるで奴隷のようにこき使われている。孤独なシーモア青年のたったひとつの心のよりどころは同僚の女店員オードリー(エレン・グリーン)である。彼女はグラマーな金髪娘だがちょっとオツムが弱く、暴君の歯科医の愛人オリン・スクリヴェロ(スティーヴ・マーティン)に痛めつけられていた。シーモアの唯一の趣味はいろいろな花を可愛がることだが、ある皆既日食の日、不思議な鉢植えに出合った。彼は名前も知らないその鉢植えの植物を“オードリー2”と名づけて、地下室で育てることにした。ある日、シーモアがそのつぼみを何気なくつついたところ、何とそのつぼみは彼の指先に喰いつくではないか。それだけではなくまったく信じられないことに血をピチャピチャ吸いはじめたのだ。それからというもの、オードリー2は毎日血を求め、次第に大きくなっていった。オードリー2をウィンドーに飾ったところ、カンコ鳥が鳴いていた花屋は連日押すな押すなの大盛況で店主のマシュニクは、オードリー2の面倒をちゃんとみるように厳命した。そのためシーモアの体内からは血が減っていき、顔色が悪くなっていった。今やシーモアはマスコミの寵児になったが、店の存亡は彼がオードリー2にどれだけエサを与えるかにかかっていた。シーモアはある決断を下した。自分の身体とオードリーの愛を獲得するために――。それは歯科医のオリンを殺害してその死体をオードリー2のエサにすることだった。計画は成功したものの、死体を運んでいるところを主人に目撃され、彼をも殺害してオードリー2に食べさせてしまう。オードリー2の欲望は際限がなくなりシーモアはついに彼女を連れて逃げだそうとする。それを察知したオードリー2は怒り出し、ついには自らの身体を膨れあがらせて自爆、崩れ落ちてきた建物の下敷きになってしまう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第59回 アカデミー賞(1987年)

ノミネート

視覚効果賞  
主題歌賞

第44回 ゴールデングローブ賞(1987年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀作曲賞 マイルズ・グッドマン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

4.0是非オススメ

Gomezさん
2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

萌える

幼い頃にTVでやっていたのを観ているんですが
内容がかなり曖昧だったので再鑑賞。
もう始まり方からして
大好きなロッキー・ホラー・ショウを彷彿とさせて、これは好きだと確信。
ロッキーホラーショウ好きな方には是非オススメしたい。
あそこまで内容は深くはないんだけれど、
是非スティーブマーティン演じる歯医者の部分を見てほしい。
あの場面かなり大好きです。
若いスティーブマーティンが生き生きしてるのがまた良い。
オードリーⅡもちゅっちゅ可愛いし
オードリーも夢見る無知で無垢な女性って感じで良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gomez

3.0いや~ 楽しいっス ♪

2015年12月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

低予算B級映画の帝王ロジャー・コーマンの撮ったホラーコメディが、まさかのミュージカル映画として現代に華々しく蘇った!と言っても本作もかれこれ30年前の作品となってしまったが。
麻酔を吸ってハイになるサディストな歯科医に扮したスティーヴ・マーティンの怪演ぶりが今見ても笑える。
また、人の生き血を吸って育つオードリー2(その正体は宇宙から飛来した人喰い植物)のマペットの動きもなかなか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。

4.0スティーブ・マーティンとビル・マーレイのサドマゾ!

2010年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

単純

言わずと知れたミュージカルの映画化で、本作は2つあるうちの新しい方です。
ポップで、ホラー色はあんまり強くないです。ちょこちょこ出てくる歌う3人娘がお洒落で可愛いかったです。

ワーキングプアから抜け出す気力を無くした草食系シーモアも、恋人の暴力をただ受け入れるオードリーも今日的で、古い感じがしなかったです。

恋人を殴るサドの歯医者がスティーブ・マーティン、マゾの患者がビル・マーレイって、見所でしたよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
グッドラック
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。