ラウンダーズ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラウンダーズ
10%
54%
31%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ポーカーに賭ける法学生の姿をサスペンスフルなタッチで描いたドラマ。監督は「レッド・ロック 裏切りの銃弾」「アンフォゲタブル」のジョン・ダール。脚本はデイヴィッド・レヴィーンとブライアン・コペルマン。製作は本作を製作したスパンキー・ピクチャーズの「ビューティフル・ガールズ」の監督テッド・デミとジョエル・スティラーマン。製作総指揮はボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟、ボビー・コーエン、ケリー・オーレント。撮影は「ガンモ」のジャン=イヴ・エスコフィエ。音楽はスコアをクリストファー・ヤング、音楽監修を「ガンモ」のランダール・ポスター、アマンダ・シアー=デミが担当。美術はロブ・ピアソン。編集はスコット・チェスナット。衣裳はテリー・ドレスパック。出演は「レインメーカー」のマット・デイモン、「ラリー・フリント」のエドワード・ノートン、「仮面の男」のジョン・マルコヴィッチ、「死にたいほどの夜」のグレッチェン・モル、「天井桟敷のみだらな人々」(監督も)のジョン・タートゥーロ、「Xファイル ザ・ムービー」のマーティン・ランドー、「相続人」のファムケ・ヤンセン、「スネーク・アイズ」のマイケル・リスポーリ、現役ポーカー世界チャンピオンのジョニー・チャン(本人として)ほか。

1998年製作/121分/アメリカ
原題:Rounders
配給:松竹富士配給(松竹提供)

ストーリー

ニューヨーク。ロースクールの学生マイク(マット・デイモン)はポーカーの天才。学費もカードで稼ぐほどの腕だが、ある日、もぐりの賭場で鳴らす名手でロシアマフィアのテディKGB(ジョン・マルコヴィッチ)に差しの勝負を挑んで敗北、全財産の3万ドルを奪い取られてしまった。足を洗う決意をし、友人でポーカーのプロとしてよき指南役であるクニッシュ(ジョン・タートゥーロ)の紹介で配達のアルバイトに励んだが、そんな矢先、旧友のイカサマ師ワーム(エドワード・ノートン)が出所。ワームに引きずられるようにポーカーにまた手を出したマイクは、ついに同棲していた恋人のジョー(グレッチェン・モル)にも愛想をつかされ去られてしまった。さらに悪いことに、マイクは知らぬ間にワームの借金の保証人にされてしまっていた。借金の相手はなんとあのテディKGB。手下の高利貸グラマ(マイケル・リスポーリ)の目も光り、期限までに返済できなくては命も危ない。ワームと賭場を回って金を稼ぐマイクだが、警官相手のゲームでワームのいかさまがバレ、ふたりは袋だたきに。逃げようというワームの誘いを断り、マイクは一世一代の勝負に出ようと決心。理解者で恩師の担当教授のペトロフスキー(マーティン・ランドー)から元手を借り、テディKGBと再び差しの勝負に挑む。マイクはゲーム中にテディの癖を見破って彼をみごと打ち破り、大金を稼いだ。マイクは大学を辞めてポーカーに人生を賭ける決意をし、ジョーに再会して別れを告げ、ラス・ヴェガスで開催される世界選手権を目指して旅立つのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0オレオが食べたくなる(笑)

2020年8月12日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画は生き甲斐

4.5痛快なポーカーギャンブル

2020年6月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

コロナで再び見直した映画。
やっぱりマット・デイモンはいい役者だ、エドワード・ノートンやジョン・マルコビッチという名優が脇を固め素晴らしい作品になった(^^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョージ

3.5拾い物的な良い出来

2017年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

知的

ラウンダーズ。
ポーカーで稼ぐギャンブラー。
マット・デイモンってお気に入りな
俳優なんだが、この役は中々なない
キャスティング。
端正な顔と若き天才ギャンブラーが
見事にマッチしていて、暴れまくる
ジェイソン・ボーンシリーズとは
全く違う知的な神経戦が繰り広げられる。
ストーリーも面白いし今まで知的スポーツを
題材にした作品でも上位に入るかな。

回りのキャスティングもなかなかよろし。
エドワード・ノートン演じるワームの
クズっぷりやジョン・マルコビッチの
チンピラっぷり(やられ役)が、良い!

ポーカー自体は日本人には今一つ
ピンと来ない題材ではあるが楽しめる作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
としぱぱ

3.5エドワードノートンうまい😋

れおさん
2017年5月17日
iPhoneアプリから投稿

エドワードノートンうまい😋

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れお
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る