モガンボ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウィルスン・コリスンの戯曲の映画化で、アフリカ大陸の原始林を舞台にしたテクニカラーの冒険メロドラマ。「クオ・ヴァディス」のサム・ジンバリストが製作し、「静かなる男」のジョン・フォードが監督した1953年作品。脚色は「クオ・ヴァディス」のジョン・リー・メイン、撮影はロバート・サーティース(「クオ・ヴァディス」)とフレディ・ヤング(「黒騎士」)の担当。なお音楽監督はなく原住民音楽、自然音をバックに使っている。主演は「栄光の星の下に」のクラーク・ゲーブル、「荒原の疾走」のエヴァ・ガードナー、「真昼の決闘」のグレイス・ケリーで、ドナルド・シンデン(「怒りの海」)、フィリップ・ステイントン、エリック・ポールマン、デニス・オディアらが助演する。

あらすじ

ヴィクター・マースウェル(クラーク・ゲーブル)は、アフリカ奥地で野獣を捕え動物園やサーカスに売り捌くことを業として暮らしていた。そこは週1回通ってくる河蒸気が唯一の文明社会へのつながりであった。ある日この土地に美しい女性エロイズ・ケリイ(エヴァ・ガードナー)が訪れた。彼女は紐育のショウ・ガールで、知り合いの印度の王様の探検隊に加わるためにやって来たのだが、王様は国の騒動で1週間前に帰ってしまった後だった。彼女は翌週の便船で帰国を待つ間に、マースウェルに強く心を惹かれた。彼も同じ想いだったが、所詮は世界の違う女だと諦めた。翌週の便船でエロイズと入れ違いに、英国の生物学者ドナルド・ノードリイが若く美しい妻リンダ(グレイス・ケリー)を伴って到着した。ノードリイはゴリラの生活を撮影に来たのだが、マースウェルはゴリラに接触するむつかしさを知っているので協力を断わった。ノードリイはその夜熱病で倒れ、リンダは狼狽したが、マースウェルの手当で一夜で快方に向った。そこへエロイズが河蒸気の故障でひきかえして来た。リンダはエロイズと逢って何か反撥する気持を覚え、ひとりで密林に散歩に出かけた。それを知ったマースウェルは急いでジープで彼女の後を追った。リンダは猛獣の前にさらされた身の危険を知って生きた心地なく、マースウェルに救われて彼に強く魅せられた。その帰途、激しい嵐に逢い、2人の心は深く結ばれた。マースウェルは、子供のゴリラの一対を求めるサーカスからの手紙を見て、ノードリイ夫妻の道案内に立つと言い出した。一行にはエロイズも加わったが、彼女はキナの駐在所で別れて帰国する予定だった。旅の夜を重ねるにつれ、マースウェルとリンダの仲は深いものになって行った。キナの集落についてみると原住民が不穏の形勢にあり、エロイズは一行から離れられなくなった。やがて目指すゴリラ地帯に至り、ノードリイは所期の成果をあげることができた。マースウェルはもはやリンダへの恋を隠していることができず、ノードリイに打明けようとしたが、彼の妻への愛情の深さを知ってその機会を失った。エロイズは苦しむマースウェルを慰めようと、彼のテントで酒に酔った。たまたまその場に現われたリンダは、嫉妬に燃え思わず拳銃を発射した。エロイズは駈けつけて来たノードリイにその場の機転で、マースウェルを悪ものにし、リンダをかばった。この事件でマースウェルはエロイズを見なおした。翌日、ノードリイ夫妻とエロイズはカヌーで帰国の途についた。ひとり後にのこったマースウェルは、去り行くカヌーを見送って淋しさに耐えかね、エロイズを呼び戻した。

1953年製作/アメリカ
原題:Mogambo
配給:MGM映画会社

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る