ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス
ホーム > 作品情報 > 映画「ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス」
メニュー

ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス

劇場公開日

解説

パペット(人形)だけによって構成される劇団のスキャンダラスな内幕を描くブラック・コメディー。監督の「バッド・テイスト」のピーター・ジャクソンがジム・ブースと共に製作を兼ね、脚本はフランシス・ウォルシュ、スティーブン・シンクレア、ダニー・マルヘロンとジャクソンの共同、撮影はマレー・ミルネ、音楽はピーター・ダセントが担当。

ストーリー

そのショーが今夜TVで生放送されることになったフィーブルズ劇団。希望に燃えてやってきたハリネズミのロバートはそのスキャンダラスな内幕を見てしまう。スター歌手のピンクのカバ、ハイジは恋人で劇団のオーナーのブレッチをシャム猫のサマンサに寝取られ逆上、ショーの司会のウサギのハリーは性病に冒され、ゾウのシドは別れた恋人に赤ん坊の認知を迫られている。そしてそんなスキャンダルを意地悪く嗅ぎ廻る三流記者のハエの姿があった。一方、ロバートは唯一クリーンなコーラスのプードル、ルシールと恋に落ちるが、彼女をポルノ映画に出演させようとするブレッチの私設秘書ネズミのトレバーの術中にはまり、喧嘩別れ。そんな中ショーが始まるが、暗黒街のボスでもあるブレツチは敵対するミスター・ビックとの麻薬取引に手を焼き、舞台の方でもハプニングの連続にディレクターのキツネのセバスチャンは発狂寸前、そこへついにブレッチに棄てられたことに気づいたハイジがマシンガンを持って乱入、舞台の上は修羅場となる。しかしその銃口がルシールに向けられた時、ロバートは夢中で彼女を助け、その愛の力が自分を失ったハイジをも目覚めさせ、血の海と化したステージの上で彼女は再び美しい声で歌う。...

作品データ

原題 Meet the Feebles
製作年 1989年
製作国 ニュージーランド
配給 JCA=タカラ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 子供は観てはいけない人形劇 可愛らしい人形達とは裏腹にドラック、セックス、スプラッタ要素があり、ヤク中のカエルや性病のウサギなどが登場。 エロ・グロな表現を混じえてかなりブラックな内容。 監督は「ロード・オブ・ザ・リング」... ...続きを読む

    ジーナ ジーナさん  2018年5月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi