BLUE(1993)
ホーム > 作品情報 > 映画「BLUE(1993)」
メニュー

BLUE(1993)

劇場公開日

解説

94年2月にエイズで死去した映画作家デレク・ジャーマンの遺作。画家イヴ・クラインに触発されたブルーのみの映像が続く中、青についての随想と詩、そしてジャーマンが入院中に書いたエイズとの闘病についての随想が、ナレーションで語られる。日本公開に当たり、青一色の映像という監督の意図をより尊重した字幕スーパーのないプリントも上映された。製作はジェームズ・マッケイと「ヴィトゲンシュタイン」の浅井隆。音楽は、ジャーマンとは「エドワードII」など4作でもコンビを組んだサイモン・フィッシャー・ターナーで、ブライアン・イーノ、モーマス、ヴィニ・ライリー、ミランダ・セックス・ガーデン、コイルなど全20組のアーティストの曲が挿入されている。ナレーションはジャーマンと、「ヴィトゲンシュタイン」のジョン・クェンティン、「カラヴァッジオ」のナイジェル・テリー、「エドワードII」のティルダ・スウィントン。

作品データ

原題 Blue
製作年 1993年
製作国 イギリス・日本合作
配給 アップリンク

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全1件)
  • 盲目の青 目を瞑ると一面に広がる色は黒ではなく青色。 哲学にも似た詩のような物語の朗読を目を閉じて耳を澄ましながら聴いている感覚に陥る。 全面が青一色になりながら白に灰色、黒い点や影が映り込み自分が思い込... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2019年1月26日  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「BLUE(1993)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報