プラトーン

ALLTIME BEST

劇場公開日

プラトーン
17%
63%
16%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベトナム戦争の最前線を舞台に、地獄のような戦場と兵士達の赤裸々な姿を描く。製作はアーノルド・コペルソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイリーとデレク・ギブソン、監督・脚本は「ミッドナイト・エクスプレス」「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」の脚本を執筆したオリヴァー・ストーン、撮影はロバート・リチャードソン、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はチャーリー・シーン、トム・ベレンジャーほか。

1986年製作/120分/アメリカ
原題:Platoon
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

クリス(チャーリー・シーン)が、ベトナムへやって来たのは1967年。大学を中退してまでベトナムを志願したのは、次々と徴兵されていく同年代の若者たちのほとんどが、少数民族や貧しい者たちだった事に対する義憤からだった。だが、いきなり最前線の戦闘小隊(プラトーン)に配属されたクリスにとって、戦争の現実は彼の想像をはるかに超えた苛酷なものだった。その小隊の隊長バーンズ(トム・ベレンジャー)は冷酷非情、顔の深い傷痕が証明するように過去何度も死線をくぐりぬけてきた強者だ。班長のエリアス(ウィレム・デフォー)は戦場にありながらも無益な殺人を犯してはならないという信念の持ち主。その他、様々な個性を持つ兵士たち13人の小隊は、人間の最大の罪悪といえる戦争の真っ只中に放り込まれる。ある日、ベトコンの基地と思われる小さな村を発見した。バーンズは真実を吐かない村民を銃殺した。バーンズの非情さに怒りを爆発させたエリアスは殴りかかった。「軍法会議にかけてやる」と叫ぶエリアスと、彼の平和主義的言動に心良く思っていなかったバーンズの対立は決定的となった。そして――大規模なベトコンの大部隊との戦闘が間近かに迫ったある日。エリアスが単身、斥候に出た時、後を追ったバーンズが卑劣にも射殺してしまう。やがて、ベトコンの大部隊と凄まじい接近戦が始まった。圧倒的な人海戦術の前に次々と倒れていく戦友たち。悪夢のような一夜が明けた。傷つきボロボロになったクリスの前に、バーンズが息も絶え絶えに倒れていた。エリアス射殺のことを気づいていたテイラーは、バーンズに向けて怒りの引金を引いた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 ゴールデングローブ賞(1987年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 トム・ベレンジャー
最優秀監督賞 オリバー・ストーン

ノミネート

最優秀脚本賞 オリバー・ストーン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0時代を超えて突き刺さるオリバー・ストーンのメッセージ

2018年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

名作は鑑賞するごとに違った輝きを放つもの。それを裏付けるかのように、86年公開の本作を「朝十時の映画祭」で久しぶりに鑑賞した際も、得体の知れない感情に襲われた。

チャーリー・シーンを主演に起用した背景には『地獄の黙示録』のマーティン・シーンを踏襲する意図があったのだろうか。だが、『黙示録』が醸し出すある種の寓話性に比べると、本作は記憶をあぶり出すかのようなリアリティと生々しい傷跡を観客に伝える。血なまぐさく、時には目を背けたくなるほどの描写を交えながら。

戦争終結から40年。人類は過去に学ぶと言われるが、その言葉に反して世界は相変わらず泥沼の歴史を繰り返し、一向に成熟したり、賢くなる気配はない。だからこそ誰もが心の内側に「二人の軍曹」を共存させていることを意識しなければならない。その均衡が崩れた時に人は間違いを繰り返す。オリバー・ストーン監督のメッセージは時代を超えて突き刺さってくる。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

3.5戦争に良いことは何一つない。

Keitaさん
2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿

若い頃に見た時と、年取って見たら見え方が違う気がした。
チャーリーシーンを久々に見た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Keita

5.0わかりやすい

まるさん
2020年5月12日
Androidアプリから投稿

戦争の悲惨さが凝縮。同じベトナム戦争でも地獄の黙示録とは違って現実的な感じがしてわかりやすかった。
ジョニーデップカッコいい!さすが監督!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まる

4.0戦争が全てを狂わす

2020年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

これはグロ描写などはあまりないけどめちゃくちゃ精神的に辛い。
胸が張り裂けそうになる。
現地の村を侵略する(あれは間違えようのない侵略だろう)シーンはマジで胸糞。観てられない。
兵士は何故あんなにも狂っているのだろう。
おそらく、いや確実に死が身近にある戦争が狂わせただろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白鳥の歌
すべての映画レビューを見る(全51件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る