フラッシュダンスのレビュー・感想・評価

フラッシュダンス

劇場公開日 1983年7月30日
7件を表示 映画レビューを書く

ステップを踏めば人生は光輝く

・昼は溶接工、夜はバーのショーダンサーで働く主人公
・オープニングタンスの椅子水かぶりと、ラストのオーディション会場で一度やり直しからの「What a feeling」は噂通りの胸アツシーンだった

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一発屋の集合

総合60点 ( ストーリー:60点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:75点 )

 物語は単純で平凡、音楽と登場人物の生き方が見どころ。だが主演のジェニファー・ビールス、イマケル・ヌーリーと、主題歌が売れたアイリーン・キャラ、その後誰もぱっとしないまま一発屋で終わった。
 昔観たときの記憶でカリフォルニアが舞台だと記憶違いしていたが、実は鉄の町ピッツバーグが舞台。そんなところで踊ってどんな夢がかなうのだろう。作品に登場したお笑い芸人のように上京したほうがいいのではないか。

Cape God
Cape Godさん / 2018年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん…

ストーリーはつまらないのわかってたけど、80年代にタイムスリップしたくて録画しました(笑)。

プリンスの「パープルレイン」同様、長いプロモーションビデオを見てるカンジというか、フラッシュダンスのプロモーションビデオ、何度も観てるから、あれとほぼ一緒じゃん!どうして録画しちゃったんだろう?と思いながら見ました。

ジェニファービールスは可愛いけど、ダンスシーンは吹き替えで興醒めだし、清純派と思いきや、今見るとなかなか喜怒哀楽の激しい、意外にキツイイメージ?10代の設定の割にエロい顔もするし、あれ?本人は名門エール大学の学生じゃなかったっけ?というくらい、色々積極的でしたよ(笑)。

もう、なんで録画しちゃったんだろう?

ゆ~きち
ゆ~きちさん / 2018年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フラッシュダンス:夢を捨てるのは死ぬことと同じだ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

【フラッシュダンス:トレビア】※ウィキペディアより引用

1.ミュージック・ビデオ・スタイルの表現方法‥シンプソンとブラッカイマーのヒット作『トップガン』(1986年)など他の映画に影響を与えた。
2.ブレイクダンスをハリウッド映画として取り上げた最初の作品であるとともに、女権拡張を唱えた1980年代を象徴する作品である。

【フラッシュダンス:おすすめポイント】
1.アレックス・オーウェンズ役ジェニファー・ビールスのダンスシーンは全ておすすめ!!!
2.ダンス仲間とのコラボ映像も素敵!!
3.とにかくアレックス・オーウェンズ役ジェニファー・ビールスがキュートでセクシーでかわいい!

【フラッシュダンス:名言名セリフ】
1.アレックス・オーウェンズ役ジェニファー・ビールスの名言名セリフ
 →「社長に見つかったら良くないから」
 →「しゃぶるの」
2.ニック・ハーレイ役マイケル・ヌーリーの名言名セリフ
 →「全てを捨ててやり直した」
 →「深呼吸してジャンプする」
 →「夢を捨てるのは死ぬことと同じだ」

【喜伝会】会長
【喜伝会】会長さん / 2018年4月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

YouTubeで

ダンスシーンだけ見ればいいです
ダンスはキレキレっで素晴らしい!
吹き替えですが…

ジェニファ・ビールス可愛かったなぁ

もも
ももさん / 2017年9月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

踊るサクセス・ストーリー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ありがちで単純なサクセス・ストーリーだけど、映画の舞台が大都会ニューヨークではなく、工業都市のピッツバーグであるところや、主人公のアレックスがプロのダンサーになる夢を叶える為に、昼は溶接工、夜はバーのショーダンサーとして働いているところが目新しく、男に依存しない自立した女性像も共感を呼んだ。
またアイリーン・キャラによる主題曲が日本でも大ヒットし、レッグウォーマーの普及にも多大な影響を及ぼしました。

オーディション会場でのバレエの厳格なルールや規則を無視して、独創性なダンスを自由奔放に踊り出すアレックスの姿に、当時の映画館の観客もアゲアゲでしたね。
残念ながら劇中でのダンスは、ジェニファー・ビールス本人によるものではありませんでしたが、今日まで『フットルース』のように安易にリメイクされなかっただけでも善しとしときましょう。

2015年11月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ダンス映画といえば

ダンス映画といえばフラッシュダンス!だと思ってたけど見たことなかったので見てみました。
夢を諦めないことと、好きなことを頑張ることが大切だと教えてくれます。
ハッピーな映画。

ぱぴこ
ぱぴこさん / 2014年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi