「作品への嫌悪なのか戦争への嫌悪なのか」プライベート・ライアン SHさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

プライベート・ライアン

劇場公開日 1998年9月26日
全74件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

作品への嫌悪なのか戦争への嫌悪なのか

ULTRA HD Blu-rayで久々に見た。前は迫力あるけど好きになれない作品としか思っていなかったけど、改めて高画質でジックリ見直すと、この作品の凄さがようやく分かったような気がする。
とにかくリアルな戦闘シーンに度肝を抜かれるし、これほど凄くてどぎつい戦争映画は皆無のような気がする。
何度も嫌気や嫌悪感を催した。作品の中の登場人物に何度も罵声を浴びせたくなったし、怒りや恐怖、何だかよく分かならい苛立ちを覚え、正直全然楽しい作品ではない。はっきり言ってしまうと、クソだ!これは最低で愚の骨頂!という感情に支配されてしまったのだが、冷静になってみるとその感じはあくまで醜悪な戦争へと向けられていることに気づかされる。そういう風にし向けられているのかと勝手に思いつつ、勝手にこの作品の空恐ろしさを思い知らされてしまった。
この作品は強烈な反戦映画だったんだなぁ…強烈な戦闘シーンとラストの色褪せた揺らめきが強烈に印象に残った。
話は最悪だと思う、でも作品は戦争映画としては最高のもの、これを目論んだ(と勝手に思っているだけだが…)スピルバーグに対しては、賞賛すべき言葉が見つからない。
悩みに悩んで手にしたULTRA HDは最高の代物だった。でも、決して万人にはお勧めはできない。

SH
さん / 2018年8月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報