「戦争の醜さ。無駄さ。恐ろしさ。」プライベート・ライアン Kentaroさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

プライベート・ライアン

劇場公開日 1998年9月26日
全75件中、25件目を表示
  •  
映画レビューを書く

戦争の醜さ。無駄さ。恐ろしさ。

戦争映画です。こだわって作られている。人間ドラマ。極限の状況の人間の心理。納得のいかない任務と、それを遂行する人たち。戦争はある意味、思考を止めなければできない。人の命が尊重されない。理不尽の一言。でもそこにはドラマがある。これはあるべきではないドラマ。もっと他の人生があったであろう。でも生まれるドラマはある。それが描かれている。

Kentaro
さん / 2017年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報