「戦争という悲劇」ふたりの女(1960) miharyiさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ふたりの女(1960)

劇場公開日 1961年7月4日
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

戦争という悲劇

モノクロ。 ソフィア・ローレン/ ジャン・ポール・ベルモンド。
第二次大戦中のイタリア、激動の中で生き抜く母と娘の残酷な日々。
ソフィア・ローレンの張詰めた緊張感が”風と共に去りぬ”のヴィヴィアン・リーを思わせる。

miharyi
さん / 2018年9月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報