ファンダンゴ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大学を卒業してゆく5人の若者が、現実から自分を解放させることを願いつつ旅する姿を描く。製作はティム・ジンネマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはフランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ、監督・脚本は新人のケヴィン・レイノルズ、撮影はトーマス・デル・ルース、音楽はアラン・シルヴェストリ、編集はアーサー・シュミットが担当。出演はケヴィン・コスナーなど。

1985年製作/アメリカ
原題:Fandango
配給:日本ヘラルド

ストーリー

ヴェトナム戦争真最中の1971年。アメリカのテキサス州オースチンの大学寮のルームメイト5人組「グルーバーズ」は、メンバーの1人であるワグナー(サム・ロバーズ)の独身最後のパーティを開いていた。ところが、召集令状を手にしたワグナーが突然、結婚中止を宣言する。一同が茫然とする中で、同じように令状を受けとっていたリーダーのガードナー(ケヴィン・コスナー)が、今こそグルーバーズの友情の絆を捜し求める時だと叫んだ。いつものけものにされている優等生のフィル(ジャド・ネルソン)のキャデラックに乗って、5人は旅立った。泥酔したレスター(ブライアン・セサック)や、牧師志望のドーマン(チャック・ブッシュ)も参加。5人は、グループ結成時にメキシコ国境に埋めたシャンパンの最高峰、ドン・ペリニヨンDOMを探しに行くことにする。平原の只中でガス欠したり道に迷ったりした後、やっとの思いで町に辿りついた5人は、ドライブインで知り合った女の子2人と墓地で花火遊びをしたりするが、遂々、ヴェトナム戦争下の暗い現実にひき戻されるのだった。やがて、ガードナーとフィルは徴兵問題をめぐって対立。ガードナーはフィルをギャフンと言わせようと、偶然見かけたパラシュート学校に彼を強制的に入学させる。そこの教師はマリファナを吸いながらボロボロのセスナを操縦するトルーマン(マーヴィン・J・マッキンタイア)。様々な試練を乗り越え、フィルは見事にダイビングを完遂、初めて仲間の信頼を得た。パラシュート学校を後にした5人は、遂にDOMと対面、再び友情を誓い合う。そんな時ワグナーが結婚を止めたのを悔やんで泣き出してしまった。ガードナー達は、なんとかして彼の結婚式をあげてやろうと決意する。人の好いトルーマンと地元の町の人々の協力で、ロマンティックな式とパーティの準備が整っていく。セスナでかけつけた花嫁のデビー(スージー・エイミス)は、実はガードナーの昔の恋人だったが、彼は、思い出を振りきって2人を祝福。思い出のバンダナをとり出すと、彼女と最後のファンダンゴダンスを踊った。やがて、パーティは終わり、楽しかった青春の日々に別れを告げる時がやって来る。グルーバーズの5人の面々は、それぞれの人生の目的地へ向けて、旅立っていった。もう二度と後ろを振り向かず、自分の信ずる未来を、自分の力で生きていこうとする決意を胸に秘めながら。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

4.0ドム

kossyさん
2018年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 FANDANGO:1、スペインの踊り、2、その音楽、3、ばかさわぎ。BGMはエルトン・ジョンの「土曜の夜は僕の生きがい」だ。そして、キャロル・キングの「イッツ・トゥ・レイト」ステッペン・ウルフの「ボーン・トゥ・ビー・ワイルド」、最後のダンスシーンにはパット・メセニーだ♪

 車がテキサスのど真ん中でエンコしたため列車にロープを引っ掛けるシーンは最高!確実に笑える。パラシュート学校で飛ばせてもらったり、ハチャメチャな青春時代を映像化しているけど、アメリカン・ニューシネマへのオマージュも中途半端。むしろ自然の美しさによってノスタルジックに回顧しているかのようだ。自分の学生を卒業した頃を思い出せれば、はまること間違いなし。

 “ドム”って何なんだ?と、ずっと伏線に用意してあり、それがわかったとき、飲みたくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0とてもよかった

2018年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る