ファミリー・ゲーム 双子の天使

劇場公開日

27%
42%
31%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

両親の離婚で生き別れになっていた双子の少女がもう一度親たちを結び付けようとあの手この手で作戦を練る姿を描くハートフル・ロマン。61年のディズニー映画「罠にかかったパパとママ」のリメイクで、監督・脚本には「花嫁のパパ1、2」のナンシー・マイヤーズとチャールズ・シャイヤーのコンビがあたった(オリジナル脚本はデイヴィッド・スウィフト)。製作はシャイヤー。撮影は「アポロ13」のディーン・カンディ。音楽は「フォレスト・ガンプ 一期一会」「コンタクト」のアラン・シルヴェストリ。美術は「ゴッドファーザー」3作のディーン・タヴラリス。編集はスティーヴン・A・ロッター。衣裳はペニー・ローズ。出演は新星リンゼイ・ローハン、「ドラゴンハート」のデニス・クェイド、「ネル」のナターシャ・リチャードソンほか。

1998年製作/127分/アメリカ
原題:The Parent Trap
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

ストーリー

カリフォルニアに父ニック(デニス・クエイド)と暮らすハリー・パーカー(リンゼイ・ローハン)とイギリスのロンドンで母親エリザベス(ナターシャ・リチャードソン)と暮らすアニー・ジェームズ(リンゼイ・ローハン=二役)は、メイン州でのサマーキャンプで偶然出会った。ふたりは生まれてすぐに両親であるニックとエリザベスが離婚し、それぞれ別々に引き取られ、お互いに存在も知らないまま11歳になるまで成長してきたのだ。もう一度両親を結びつけたいと願うふたりは、とりあえず計画の第一弾として、長い間それぞれ会いたいと願っていた“もう一方の親”に会うべく、お互いの特徴を把握して入れ替わって家に帰る。ハリーは結婚衣裳のデザイナーとして成功している美しい母エリザベスと初めて会い、アニーは自然に囲まれた生活のなかで優しい父親ニックに接するが、ここで問題が、ニックには美人の婚約者メレディスがいたのだ。トラブル発生と知ったアニーはハリーに連絡をとり、ハリーはやむなく事情をエリザベスに打ち明けて、元の家に戻るためという口実で彼女をカリフォルニアまで連れてくる。思いがけず再会したニックとエリザベス。愛し合いながらも仕事と家庭の両立の問題で別れたふたりの心は再び揺れ動くが、子供たちの思うようにはコトは運ばず、エリザベスは帰国の途につくことに。アニーとハリーはふたりがどちらであるかを明かすのを拒んで、その交換条件としてニックとエリザベスをキャンプ旅行に連れ出す。かくしてふたりは家族再生のための最後の手段に打って出るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0 クイーンエリザベス2世号での挙式。「LOVE」がほのぼのとした雰...

kossyさん
2018年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 クイーンエリザベス2世号での挙式。「LOVE」がほのぼのとした雰囲気を作る。

 サマーキャンプでフェンシング。そしてポーカー。負けたら裸で湖に飛び込む賭けをしてたけど、どちらにしてもリンゼイちゃんが脱いじゃうのね・・・児童ポルノギリギリのところでセーフでした(笑)

 キャンプが終わり、それぞれの家に行くことになったハリーとアニー。ウェディングドレスデザイナーのママの所へ行ったハリーは早速スタジオに連れて行ってもらうのですが、その途中「ヒア・カムズ・ザ・サン」が流れ、アビーロードの横断歩道を渡る。ビートルズファンにはとてもうれしいカットだ。

 中盤はオリジナルもわかっているので、ほとんどわかる。コメディとしてはオリジナルよりも勝っているが、両親とも成功し大金持ちという設定がちょっとマイナス。それでも両家庭の執事がくっついてしまう脚本はgood!ここにグッとくる。特にリサ・アン・ウォルターの存在が大きい。しかし、なんといっても二役を見事にこなした12歳のリンゼイ・ローハンや母親のナターシャ・リチャードソンがよかった。

 ラストもハリウッドらしいハッピーエンド。離婚した夫婦がやり直すパターンってのも予定調和すぎるかも・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0素晴らしい映画です!!

2017年1月24日
スマートフォンから投稿

泣ける

幸せ

萌える

高校生の頃、私が初めて海外に行く時に機内で観てからずっと大好きな映画です。
あの頃はただただ英語の勉強がてらって感じで観たけれど大人になって観直してみても本当にチャーミングな映画。
冒頭のLove、イギリスでのHere come the sun!
音楽のセンスも良いし役者も今思えば揃っている。
大人になって久しぶりに観たら途中で泣けてしまいました。
片親ってやっぱり寂しいですよね。
まぁ別れた2人が再開してからの部分は典型的なディズニーらしい話っぽいけど、それでも大好きな映画です。
監督はホリデーやマイインターンの監督だったとは!最近知りましたが、兎に角リンジーローハンの子供の頃ちょー可愛い♡
大人の姿は忘れて是非ご覧下さい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ
すべての映画レビューを見る(全2件)